Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


R-Script コントロール作成関数



■ValueList

 レジストリキーに関連づけられたリストビューを作成します。

ValueList( ID$, Key$, meanvalue$, meandata$ [, NewBtn$, EditBtn$, DelBtn$] [ , flag] )


●引数

 ID$ … ここで作成されるコントロールのIDを指定します。他のコントロールのIDと重複してはいけません。
 Key$ … リストビューを関連づけるレジストリキー。
 meanvalue$ … Key$で指定されたレジストリキーの中にある値の名前の意味。
 meandata$ … Key$で指定されたレジストリキーの中にある値のデータの意味。
 NewBtn$ … [新規]ボタンのキャプション。
 EditBtn$ … [編集]ボタンのキャプション。
 DelBtn$ … [削除]ボタンのキャプション。
 flag … コントロールに与えるフラグを指定します。


●解説

 レジストリキー「Key$」に関連付けられたリストビューコントロールを作成します。
 与えられたキー内のすべての文字列型エントリを読み、リストビューに表示します。
 各エントリ名が表している意味を「meanvalue$」、データが表している意味を「datavalue$」に入れます。
 リストビューコントロールの隣には、[新規], [編集], [削除]の3つのボタンが配置されます。NewBtn$, EditBtn$, DelBtn$は、これら3つのボタンの名前を変えることができます。
 ID$が : (コロン) で始まっていると、[新規], [編集], [削除] の各ボタンが押された際、:(ID名)_NEW, :(ID名)_EDIT, :(ID名)_DELETE というラベルが呼び出されます。ここでabortを返すと、編集ダイアログは開きません。


●戻り値

 成功 …… 1
 失敗 …… 0


●特殊機能

 ValueListが、数値型(DWORD型)のレジストリエントリを読み込んだ場合、リストビュー上では、読み込んだ数値の左側に"(DWORD)"という文字が付けられます。例えば、5という数値を読んだ場合は、"(DWORD)5" と表示されます。
 逆にレジストリに書き込みが行われるときに、文字列の左側に "(DWORD)" が付けられているものは、数値型(DWORD)として書き込みが行われます。(ただし、flagLV_DWORDが付加されている場合に限ります)
 内部的には、/\(DWORD\)[0-9]+/ の形式にマッチしているかどうかを調べて、マッチしていれば数値という扱いにしています。


●サンプル

text( dhelps$("起動時に毎回実行(全ユーザー)で一時削除されている項目(&Y)")+":" )
ValueList( "bootrunsmall1", KEY_DEL1$, "適当な名前", "コマンドライン", "新規(&N)...", "編集(&E)...", "削除(&D)", LV_SMALL | LV_MULTISELECT )


 コントロールの作成関数一覧へ
 関数書式の見方


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/