Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


キーワード検索用データについて



 ここでは、キーワード検索に関連する情報が書かれています。




1. 概要


 キーワード検索の機能を実現するために、いじくるつくーるは、検索用データをカレントディレクトリの *.rky というファイルから取得します。
 *.rkyは1行=1項目のCSV形式に似たデータ構造を持ちます。


2. キーワードファイルの構造


 いじくるつくーるは、キーワード検索で用いるための検索対象データを、カレントディレクトリの *.rky というテキストファイルから取得します。
 *.rky は次の形式で記述します。
スクリプト, コントロールID, 利用可能OS, 機能項目名, 編集項目名, 解説, *R or INIファイル名, キー or セクション, 値 or キー, その他のデータ
 : 
 : 
 : 
 1行=1項目の、CSV形式に似たデータ構造を持ちます。

※文字コード 0x01 が単独で現れると、「前のレコードの同一カラムと内容と同じ」という意味になります。キーワードファイルでは、同じレジストリキーや同じ機能項目名が連続することが多いため、これを活用することでキーワードファイルのサイズを小さくすることができます。


利用可能OSは、次のような形式で指定します。

{5|-}{8|-}{M|-}{4|-}{2|-}{X|-}{V|-}{7|-}

例えば、Windows 95/98/Meで利用可能で、他のOSでは利用不可な設定は、次のようになります。
58M-----
Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Vista/7 のすべてで利用可能な設定は、次のようになります。
58M42XV7
Windows Me/XP/Vista のみで利用可能な設定は、次のようになります。
--M--XV-

キーワードファイルのサンプルは、いじくるつくーるに標準付属している Rnsf7.rky を参照してください。


3. キーワードファイルの名称


 キーワードファイルの名称は、*.rky です。
 ただし、Rnsf7.rky は標準のキーワードファイルの名称として予約されています。
 また、Rnsf7Up?????.rky という名称は、機能追加モジュール(アップデート)用のキーワードファイル名として予約されています。

 いじくるつくーるは起動時に次のような動作を行います。

  1. いじくるつくーるのバージョンを取得し、リリース番号を作ります。バージョンが X.YY.ZZ の場合は、XYYZZ です。(例:ver.7.60.05 → 76005。更新風鐸用のビルド番号として利用する数値と同じ)
  2. カレントディレクトリから、"RNSF7UP?????.RKY" というファイルを探します。見つからなければ5に進みます。
  3. 見つかった場合は、70000 < ????? < XYYZZ となっているかどうかを調べます。なっている場合はそのファイルを削除します。
  4. 2へ戻り、次のファイルを探します。
  5. 起動処理を続行します。
これにより、古いバージョン用の機能追加モジュール(アップデート)で追加キーワードファイルが1つ以上含まれていたとしても、削除されます。


 目次
 R-Scriptについて
 キーワード検索


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/