Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


(検索メニュー)機能項目のキーワード検索



キーワード検索ダイアログ


 項目名や説明、レジストリキーの名称などのキーワードから、編集したい項目をピンポイントで探すことができます。
 文字列検索欄に、目的の編集項目に関連のありそうなキーワードを入力します。
 複数のキーワードを入力することもでき、その場合は半角スペースでキーワード間を区切ります。
 複数のキーワードは、すべて AND 条件で検索が行われます。


入力と同時に検索を行う(A)

 ユーザーの入力が一段落したところを見計らって、自動的に検索を開始します。
 このチェックがオンになっていると、検索ボタンは無効化されます。


文字列検索(F)

 編集したい項目に関連のありそうなキーワードを指定します。複数のキーワードを指定したい場合は、半角スペースで区切ります。
 複数のキーワードを指定した場合は、AND 条件で検索が行われます。


検索ボタン(S)

 文字列検索欄に入力されたキーワードを使って、検索を行います。


この環境で利用不可の可能性のある項目を表示しない(O)

 現在使用中のOSでは利用できない可能性のある編集項目を、一覧から除去します。
 利用できないかどうかの判定は、OSのバージョンのみを用いて行われます。そのため、一覧には表示されても、実際には利用できない項目である可能性はわずかながらあることになります。


ツリービュー

 検索結果が表示されるツリービューです。
 結果件数が少ない場合は、あらかじめツリーが展開された状態となりますが、結果件数が多いと、ツリーは収縮した状態となっています。


選択した項目を編集する(E)

 ツリービューで編集したい項目を選び、ダブルクリックするか、このボタンを押すと、編集が開始されます。
 この機能を通して編集ダイアログを開いた場合、目的の項目にフォーカスが合わさった状態から開始されます。


関連キーワード

 編集項目が選択されている場合は、検索に使われるキーワードのうちの一部を羅列して表示します。(すべてではありません。内部的に持ちまわっている情報は表示しません)
 編集項目が選択されていない場合は、ナビゲーションが表示されます。

※現在、本ソフトはWindows Me/2000以下には対応していません。しかしながら、スクリプト中やキーワード中には、過去のバージョンのための記述が多く残されており、「この環境で利用不可の可能性のある項目を表示しない」にチェックを入れない状態にしておくと、それらの項目が多くヒットすることになります。しかしながら、それらの項目は、現在は利用できませんので、あくまで参考情報としてご利用いただければと思います。



 メインウィンドウ
 バージョン情報


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/