Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


メインウィンドウ



 メインウィンドウは、「いじくるつくーる」を起動したときに一番最初に表示されるウィンドウです。
 ここでは、コントロールパネルのように、一覧の中から設定項目を選択し、開くことができます。


メインウィンドウ



項目の選択と決定


 ウィンドウの左側にカテゴリ(機能分類)が表示されている場合は、その中から自分が選びたい項目が含まれていると思われる分類を選択します。「すべてのカテゴリ」では、いじくるつくーるが提供しているすべての機能項目が表示されます。
 次に、右の一覧から、設定したい機能項目を選びます。
 マウスまたはカーソルで目的の機能項目を選択し、ダブルクリックまたはEnterキーにより決定して下さい。
 F1キーを押すと、ヘルプが表示されます。


ウィンドウの位置変更と、プログラムの終了


 マウスでタイトルバーをドラッグすると、ウィンドウの位置を移動できます。
 ウィンドウの境界をドラッグすると、ウィンドウの大きさを変えることができます。
 カテゴリビュと、ナビゲータと、機能項目一覧との間の境界をマウスでドラッグすると、境界位置を変更することができます。

 「いじくるつくーる」を終了するには、設定メニューから「終了(X)」を選ぶか、タイトルバーの右側にある[×]ボタンを押して下さい。


メニューの概要


 メニューバーにあるメニューについて、簡単に説明します。



メインウィンドウへのドロップ

 エクスプローラなどから、メインウィンドウへファイルをドロップできます。
 ドロップできるファイルの種類は、拡張子が .lzh, .zip, .7z, .rsc, .rnd のものです。複数のファイルをドロップして、連続して処理をさせることもできます。なお、複数ファイルをドロップした場合、再起動のためのダイアログボックスが抑止されますので、必要に応じて処理終了後にユーザーが再起動してください。

 lzh、zip、7zファイルの展開機能は、圧縮ファイル中にスクリプトファイル(rsc)が含まれていて、カレントフォルダに展開することによって機能追加/修正をすることを前提に作られた機能です。これらのファイルを展開するためには、それぞれUnlha32.dll、Unzip32.dll、7-zip32.dllが必要になります。または、Windows XP以降をご利用であれば、OS自身が持つzipファイル展開機能を用いることもできます。これらのDLLをお持ちでない場合で、Windows XP以降のファイル展開機能を利用できない場合、別途解凍ツールを用いてファイルを展開した後、Rnsf7.exeの存在するフォルダに展開されたファイルを置くことでも同様の機能を実現できます。

 rscファイルは、いじくるつくーるのスクリプトファイルです。ここでドロップすることにより、カレントフォルダにあるファイル以外、または、いじくるつくーる起動時の一覧作成検定(:try)ではじかれたファイルを実行できます。

 rndファイルは、いじくるつくーるの編集ダイアログの状態定義ファイルです。これを取り込むことにより、rndファイルが適用された状態で、該当するダイアログボックスが開かれます。

 複数のファイルがドロップされたとき、1つのファイルの処理が終わって、次のファイルへ移るときに[Shift]キーが押されていると、連続処理を中止します。


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/