Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


R-Script コントロール作成関数



■CreateButton

 ボタンを作成します。

CreateButton( Label$, caption$ [ , flag] )


●引数

 Label$ … ここで作成されるコントロールのIDを指定します。他のコントロールのIDと重複してはいけません。ここであえて「Label$」となっているのは、このボタンが押されたときにジャンプする、スクリプト中のラベルを指定することがほとんどだからです。ラベルを指定するため、IDの最初の1文字は「:」(コロン)にします。
 caption$ … ボタンの表面の文字列を指定します。
 flag … コントロールに与えるフラグを指定します。


●解説

 ボタンを作成します。
 ボタンを押すと、「Label$」で指定したラベルが実行されます。
 (これはID$を兼ねています。つまり、:(コロン)から始まるIDを指定するということです)
 「caption$」にはボタン表面の文字列を指定します。

 指定例:
Item = サンプルプログラム
%%
CreateButton( ":btnlabel", "このボタンを押す", CTRL_NOEFFECT )
exit

:btnlabel
Information("ボタンが押されました。")


 flagには、次のフラグを指定できます。
●戻り値

 成功 …… 1
 失敗 …… 0


●サンプル

CreateButton( ":bootrund_boot", dhelps$("スタートアップレジストリ監視/削除を常駐 or 常駐解除(&B)"), CTRL_NOEFFECT )
  :
  :

// 常駐開始 or 常駐解除(すでに常駐している場合は、常駐解除を行う)
:bootrund_boot
if (ERRORVALUE == CallExeASync( "bootrund.exe" )) {
	// 今のところ、インタプリタが独自のエラーをはいてスクリプト実行を中断するので、ここにはこない。
	error("bootrund.exe 実行エラー", "スタートアップレジストリ監視/削除")
}
else {
	iCountITimer = 0   // 切り替え後5秒間は、1秒置きに常駐チェック
	SetTimer( ":bootrund_get_status", 1000 )
}
exit



 コントロールの作成関数一覧へ
 関数書式の見方


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/