Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


R-Script コントロール作成関数



■Checkbox_bindw

 数値型レジストリエントリの特定のビットに結びついたチェックボックスを作成します。

Checkbox_bindw( ID$, default, caption$, Key$, Entry$, bit<0-31> [,OnValue, OffValue] [ , flag] )


●引数

 ID$ … ここで作成されるコントロールのIDを指定します。他のコントロールのIDと重複してはいけません。
 default … レジストリエントリが読み込めない場合のチェック状態(1:ON, 0:OFF)を指定します。
 caption$ … は、チェックボックスの右側に表示される文字列を指定します。アクセラレータキーを指定するには、&の後に英文字を書きます。
 Key$ … チェックボックスを関連づけるレジストリキー。
 Entry$ … チェックボックスを関連づけるエントリ名。
 bit … エントリEntry$の値の何ビット目に関連づけるかを指定します。0〜31の数を指定します。
 OnValue … 通常では、レジストリエントリの指定されたビットの値が0ならチェックなし、そうでなければチェック有りなどとしていますが、そうしたくない場合に指定します。このチェックボックスが数値型のエントリに関連づけられているのならば数値で、文字列型のエントリに関連づけられているのならば文字列で指定します。
 OffValue … 通常では、レジストリエントリの指定されたビットの値が0ならチェックなし、そうでなければチェック有りなどとしていますが、そうしたくない場合に指定します。このチェックボックスが数値型のエントリに関連づけられているのならば数値で、文字列型のエントリに関連づけられているのならば文字列で指定します。
 flag … コントロールに与えるフラグを指定します。


●解説

 数値型レジストリエントリの特定のビットに関連付けられたチェックボックスを作成します。
 レジストリキー「Key$」のエントリ「Entry$」に関連付けられます。
 チェックボックスが作成されるときに、このレジストリエントリの値のbitビット目が参照され、1ならばチェックされ、0ならばチェックされません。レジストリエントリが存在しない場合、defaultが利用されます。0がチェックなしで、1がチェックありです。
 編集ダイアログで[OK]または[適用]が押されると、チェックボックスの状態により、レジストリエントリに自動的にデータが書き込まれます。

 OnValue, OffValueは、この関数のデフォルトの動作(1でオン, 0でオフ)を変えたいときに指定します。ここを「0, 1」にすれば、全く逆の動作をするようになります。ここに、「1,0」または「0,1」以外の組み合わせの値を指定することはできません。予期しない動作をします。

 flag には、CTRL_NORMAL, CTRL_NOTIFY, CTRL_REFRESH, CTRL_REBOOT のみが指定できます。


●戻り値

 成功 …… 1
 失敗 …… 0


●サンプル

checkbox_bindw( "Flags6", 0, dhelps$("状態ダイアログを表示しない(&J)"), key$, "Flags", 7 )


 コントロールの作成関数一覧へ
 関数書式の見方


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/