Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


追加できていない機能



Windows 7でZIPフォルダ機能を有効化/無効化する方法


Windows XP以降では、OS標準の機能として、ZIPファイルをフォルダとして扱う機能が提供されました。エクスプローラではZIPファイルを、あたかもフォルダであるかのように、フォルダツリーの一部として扱うことができます。

しかしながら、巨大なZIPファイルをクリックしてしまったときに長時間待たされる、保管庫的な位置づけで大量のzipファイルを置いておいたフォルダの中がサブフォルダだらけに見えるなど、この機能の存在をジャマに感じることも多いようであるため、この機能をオフにする需要があります。

Windows XPについては、本ソフトでも実装されているとおり、簡単なコマンド実行でオン/オフを切り替えることができます。Windows Vistaについては、レジストリキーの削除と復帰でオン/オフを切り替えることができます。ただ、Windows 7については、少々複雑な操作をしなければならないため、今のところ実装は見送られています。

ここでは、その方法を記載しておきたいと思います。

ここではレジストリエディタによりレジストリを直接操作します。レジストリの直接操作は、いざ間違えた場合に大きな被害をもたらす場合がありますので慎重に行って下さい。念のため、各操作を行った結果何か問題が生じても、当方では責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。

いじくるつくーるでは、セキュリティタブの操作に相当する設定を行う機能が無いため、今のところ実装は見送られています。

また、64bit版Windowsで32bitエクスプローラのzipフォルダ機能を無効化する場合は、レジストリキー「HKEY_CLASSES_ROOT\CLSID\{888DCA60-FC0A-11CF-8F0F-00C04FD7D062}」だけでなく「HKEY_CLASSES_ROOT\Wow6432Node\CLSID\{888DCA60-FC0A-11CF-8F0F-00C04FD7D062}」等、「Wow6432Node」配下にある各リダイレクト先キーも操作する必要があります。

いじくるつくーるも、Windows Vista 64bit版内の32bit環境のためにWOW6432Node配下のキーも操作すべきなのですが、今のところ行っていません。


 戻る

※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は「いじくるつくーる」最終公開時点、あるいは、それより古い時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/