Written in Japanese(UTF-8)
2006.12.30
INASOFT
/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀




ソフトウェアの更新履歴2006


[Valid RSS]
RSS 本ページのRSS配信を行っています。

★★ ご注意 ★★

当サイトを含む、広告表示を行うサイトにおいて、突然無関係なサイト(Googleを偽り景品当選を告知するもの、コンピュータの異常やウイルス感染を警告するもの等)が表示された場合、それは詐欺広告の可能性が高いため、何もせずに閉じるようにしてください。Impress Watchによる注意喚起がわかりやすいです


[2006/12/30] いじくるつくーる ver.7.50.06β/すっきり!! デフラグ ver.4.68.03β/ListView to CSV ver.2.10.09β:Windowsの画面のプロパティでDPIを96 dpi以外にした場合、いくつかの文字列が正しく表示されなくなっていたため、できる限り表示できるようになるよう、調整した(あまりにも大きな値を指定すると、依然として文字が欠けて表示されます)。

[2006/12/27] いじくるつくーる ver.7.50.05β:「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)において、「任意のファイルに対するメニュー項目の追加」と「関連づけのないファイルに対するメニュー項目の追加」にて追加可能なメニュー項目の個数の上限を、2個から無制限にした/Visual Studio 2005 SP1でリコンパイル。

[2006/12/24] ウィキペディア・タイマ Home Edition ver.1.10:INASOFT 600万アクセス達成記念+クリスマスイベント作品。ウィキペディアの閲覧時間を計測・記録し、そのお知らせをデスクトップキャラクターが行うツール。

[2006/12/22] いじくるつくーる ver.7.50.02用機能追加・修正モジュール(1):「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)において、「任意のファイルに対するメニュー項目の追加」と「関連づけのないファイルに対するメニュー項目の追加」にて追加可能なメニュー項目の個数の上限を、2個から無制限にした。

[2006/12/21] いじくるつくーる ver.7.50.04:正式版として公開。

[2006/12/20] すっきり!! デフラグ ver.4.68.02:正式版として公開。

[2006/12/16 12:50] いじくるつくーる ver.7.50.03β:編集ダイアログのヘルプ画面やソース表示画面において、スクロールバーのマウス操作の一部ができなくなっていたので修正。

[2006/12/16] いじくるつくーる ver.7.50.02β:下の2つの機能追加・修正モジュールを、本体に統合。また、「互換モードの設定」で、フルパスのプログラム名が重複していた場合の処理を改良。

[2006/12/15] いじくるつくーる ver.7.49.10/7.50.01β用機能追加・修正モジュール(2):「互換モードの設定」(winntlayer.rsc)に、Windows Vistaのための互換項目を追加。さらに、現時点では未定義の項目についても、直接文字列入力を行うことで対応可能となるようにした/互換モードの設定に、全ユーザ用の機能項目(winntlayer2.rsc)を追加。ただし、現時点ではVistaでは動作を確認できないため、Vistaでは一覧には表示されなくなっています。

[2006/12/13] いじくるつくーる ver.7.49.10/7.50.01β用機能追加・修正モジュール(1):「ネットワーク(IE関連)」(networkie.rsc)に、Internet Explorer 7関連の設定項目を追加。(IE7自動導入抑止、IE7のメニューバーを画面最上部へ移動、IE7のインスタント検索ボックスを非表示等)

[2006/12/ 9] いじくるつくーる ver.7.50.01β:編集ダイアログのヘルプ画面において、タイトルバーを右クリックしたときのメニューが出てこなかったり、Alt+F, Alt+V を押したときにメニューがプルダウンされないなどの問題が起きていたため修正。

[2006/12/ 9] ウィキペディア・タイマ Professional Edition ver.1.10:記事ごとの閲覧時間によるランキングベスト100を表示する機能を追加。

[2006/12/ 9] すっきり!! デフラグ ver.4.68.01β:バッテリー運用時に警告メッセージを表示するように修正。

[2006/12/ 2] すっきり!! デフラグ ver.4.67.06:Windows Vistaへの対応/ヘルプ・ドキュメント中の記述の調整。

[2006/12/ 2] いじくるつくーる ver.7.49.09:Windows Vistaへの対応/「システムの禁止設定(全ユーザー)」(syspol2.rsc)の【システムの禁止設定】に、「ユーザー アカウント 制御(UAC)を有効にする」を追加。この項目は、Windows Vistaをご使用の場合にのみ表示され、デフォルトでONです。この項目のチェックを外すことで、UACを無効にできますが、セキュリティ上の重大なリスクが伴うことにご注意ください。

[2006/12/ 2] ウィキペディア・タイマ Professional Edition ver.1.00:INASOFT 600万アクセス達成記念作品。ウィキペディアの閲覧時間を計測・記録するツール。

[2006/12/ 2] ListView to CSV ver.2.10.07:Windows Vistaへの対応/ヘルプ・ドキュメント中の誤字修正。

[2006/12/ 2] 複数行置換 ver.1.41:Windows Vistaへの対応。

[2006/11/15] すっきり!! デフラグ ver.4.67.05:「履歴」「環境情報の表示」のダイアログサイズを可変にした/Windows Vistaのコンソール版デフラグ(defrag.exe)の戻り値が、XPのものと変更されているようであり詳細が不明であるため、判明するまでは戻り値の意味の表示は行わないようにした(Windows Vistaのみ)。

[2006/11/14] いじくるつくーる ver.7.49.09用機能追加(1):「システムの禁止設定(全ユーザー)」(syspol2.rsc)の【システムの禁止設定】に、「ユーザー アカウント 制御(UAC)を有効にする」を追加。この項目は、Windows Vistaをご使用の場合にのみ表示され、デフォルトでONです。この項目のチェックを外すことで、UACを無効にできますが、セキュリティ上の重大なリスクが伴うことにご注意ください。

[2006/11/13] いじくるつくーる ver.7.49.09:正式版として公開。

[2006/11/11] ListView to CSV ver.2.10.07:「ファイル/フォルダ一覧」「環境情報の表示」「プロパティ」ダイアログのサイズを可変にした。

[2006/11/11] 複数行置換 ver.1.40:置換前文字列と置換後文字列にスクロールバーを付けた/置換前文字列と置換後文字列の間にサイズ変更バーを付けた。

[2006/11/ 6] いじくるつくーる ver.7.49.08β:「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)による簡易圧縮機能に、処理終了後にスタンバイに入るためのチェックボックスを追加。また、圧縮対象ファイルが空だった場合にエラーが出たとき、ダイアログは閉じてもプロセスは終了しない現象が起きていたので修正/ダイアログの可変化のための処理をライブラリ化し、環境情報表示(CCPU)のダイアログにも適用させた。

[2006/11/ 4] いじくるつくーる ver.7.49.07β:7.49.06用機能追加(1)の改修/ValueListによるリストビューで新規に値を作成したときに、不正な処理で終了してしまっていたバグを修正。

[2006/11/ 3] いじくるつくーる ver.7.49.06用機能追加(1):「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)による簡易圧縮機能について、Windows Vistaでは、エクスプローラからのファイルのドラッグ&ドロップができないことがわかったので、「ファイル参照」「フォルダ参照」などのボタンを配置し、「圧縮開始」ボタンを付けた。また、簡易圧縮機能のダイアログのサイズを可変にした/「スタートボタンなどを隠す」(delstart.rsc)について、前回のバージョンで、Windows Vistaでは「スタートボタンを隠す/無効化する」を使えなくしたが、その後の解析の結果、「スタートボタンを小さくする/無効化する」として実現できることがわかったので、復活させた。

[2006/11/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.67.04/ListView to CSV ver.2.10.06:正式版として公開。

[2006/10/29] いじくるつくーる ver.7.49.06:メインウィンドウでの、機能項目一覧の並び順が変わってしまっていたので修正/Windows Vistaでの「システムの復元」の呼出しに対応した。また、このOSではゲームの設定保存先が変わってしまい編集ができなくなったため、表示させないようにした。同様に「スタートボタンを閉じる」もできなくなったので表示させないようにした。さらに、編集ダイアログで、OKボタン押下時にエラーとなって終了してしまっていたことがあったので修正。

[2006/10/28] ListView to CSV ver.2.10.05β:Windows Vista向けに、権限取得のためのマニフェストを追加。公式には、Windows Vistaの正式版が登場して十分なテストがされるまで、Windows Vistaへは未対応となります/旧来の設定保存の方法の切り離しのため、旧来の設定保存の利用を /o オプション使用時に分離/ヘルプにコマンドライン オプションについてを追加。

[2006/10/28] すっきり!! デフラグ ver.4.67.03β:Windows Vistaでの「システムの復元」の呼出しに対応した。

[2006/10/27] いじくるつくーる ver.7.49.05:正式版として公開。

[2006/10/25] いじくるつくーる ver.7.49.04β:(R-Script)スクリプトの事前翻訳と初期変数のサーチ方法に関する改良/β版への格上げ。

[2006/10/22 18:10] いじくるつくーる ver.7.49.03α:(R-Script)関数名テーブル内にゴミが混ざっており、サーチに失敗することがあったので修正/「マインスイーパー」(winmine.rsc)のヘルプの説明に、古いバージョンに関する説明が残っていたので削除。

[2006/10/22] すっきり!! デフラグ ver.4.67.02α:OS側の仕様変更により、Windows NT系でバージョン番号が6.0以上の場合に、GUI版デフラグを使用できなくした。

[2006/10/22] いじくるつくーる ver.7.49.02α:(R-Script)初期変数のサーチにも、バイナリサーチを用いるようにして、平均的な実行速度を向上させた/(R-Script)変数を内部的にすべて小文字に変換しておくことにより、変数のサーチにかかる時間を短縮させた/(R-Script)初期変数を増加。

[2006/10/21] すっきり!! デフラグ ver.4.67.01α:Htmlヘルプ内のキーワードが、すべてサブキーワードに落ち込んでいたため、キーワードに格上げした。

[2006/10/21] いじくるつくーる ver.7.49.01α:ヘルプファイル内のキーワードが、すべてサブキーワードに落ち込んでいたため、Rsc関数名などのインクリメンタルサーチができなくなっていたので、キーワードに格上げした/「オプション」(Rnsf7.rsc)において、Rnsf7.exeの実行時に与えられた実行ファイル名のフルパスの英大小文字に異常があると、「rscファイルの関連付け」のチェックを入れるかどうかの判定がおかしくなっていたので修正/(R-Script)R-Script関数のサーチにバイナリサーチを用いるようにして、平均的な実行速度を向上させた/(R-Script)R-Script関数GetOSInfo()の引数に、"ProductInfo" を追加。

[2006/10/18] 複数行置換 ver.1.30:対応するエンコードに、UTF-7/8/32を追加。

[2006/10/16] すっきり!! デフラグ ver.4.67.00α:Windows Vista向けのマニフェストを含めた。Windows Vistaで使用すると、管理者権限での使用を求めるダイアログが表示されますので、管理者権限を与えてください。公式には、Windows Vistaの正式版が登場して十分なテストがされるまで、Windows Vistaへは未対応となります/OS側の仕様変更により、Windows NT系でバージョン番号が6.0以上の場合に、シェル入れ替え、セーフモード+シェル入れ替えを使用できなくした。

[2006/10/15] いじくるつくーる ver.7.49.00α:Windows Vista向けに、権限取得のためのマニフェストを追加。公式には、Windows Vistaの正式版が登場して十分なテストがされるまで、Windows Vistaへは未対応となります/編集ダイアログの縦サイズの算出方法について、古い時代の算出方法が邪魔をして正しいサイズを算出できないことがあったので修正。

[2006/10/14] リブート&サスペンド ver.0.50β:再起動後にサスペンド状態に入るプログラム。

[2006/10/13] いじくるつくーる ver.7.48.07:正式版として公開。

[2006/10/12] すっきり!! デフラグ ver.4.66.07:正式版として公開。

[2006/10/11] ListView to CSV ver.2.10.04:正式版として公開。

[2006/10/ 9] いじくるつくーる ver.7.48.06β:ヘルプ中の誤字を修正/簡易圧縮機能において、ダイアログ上のスタティックテキストに付けられていた通過属性が原因で、Win9xにおいてファイルのドロップができなくなっていたので、通過属性を取り除いた。

[2006/10/ 8] すっきり!! デフラグ ver.4.66.06β:ヘルプファイル中の誤字修正/一部の環境でシャットダウンが失敗するようになったので、Windowsを終了させる関数へのフラグの指定を変更。

[2006/10/ 8] いじくるつくーる ver.7.48.05β:ヘルプ中の誤字を修正/ヘルプ中のヘッダ要素に、不正にページが割り振られていた箇所があったので削除。

[2006/10/ 7] いじくるつくーる ver.7.48.04β:ステータスバーに表示する文字の誤りを修正/ヘルプ中の誤字を修正。

[2006/10/ 7] すっきり!! デフラグ ver.4.66.05β:ヘルプファイルをHtmlHelp形式(chm)に変更。
変換に伴い、誤字が多数発生していると思われます。誤字を見つけられたら、ご連絡いただければ幸いです。

[2006/10/ 7] ListView to CSV ver.2.10.03β:「アプリケーションで開く」のために一時的に作成したテンポラリファイルについて、ListView to CSV終了時の削除に失敗した場合に、お知らせメッセージを表示するようにした/「出力方法」コンボボックスの選択肢が保存されていなかったので修正。

[2006/10/ 6] いじくるつくーる ver.7.48.03β:ヘルプファイルをHtmlHelp形式(chm)に変更。現在、誤字を修正中です。誤字を見つけましたら、ご連絡ください。

[2006/10/ 4] ListView to CSV ver.2.10.02β:ヘルプ中の誤字を修正/ヘルプにスタイルシートを適用。

[2006/10/ 2] ListView to CSV ver.2.10.01β:制限ユーザーでも使用可能にするため、設定の書き込み先をレジストリに変更/Windows Vista対応のため、ヘルプをchm形式に変更/環境情報の表示(CCPU)で追加の拡張/標準機能フラグの解析と、いくつかのキャッシュ情報の解析に対応した。

[2006/10/ 2] 複数行置換 ver.1.20:制限ユーザへの対応として、設定をレジストリへ保存するように変更。

[2006/10/ 1] いじくるつくーる ver.7.48.02/すっきり!! デフラグ ver.4.66.04:正式版として公開。

[2006/ 9/27] 複数行置換 ver.1.10a:前バージョンでバージョン表記を誤っていたことの修正。

[2006/ 9/26] 複数行置換 ver.1.10:mlrep.init.xmlへの複数行文字列の保存方法を改良。
「バージョン情報」ボタンを押した際に出てくるバージョン番号を変更するのを忘れてしまいました。近々修正したいと思いますが、当面は気にしないということで、1つよろしくお願いします。

[2006/ 9/24] いじくるつくーる ver.7.48.01β:"deprecated"なCRT関数を使用しない対応(本体側)/環境情報の表示(CCPU)で追加の拡張/標準機能フラグの解析と、いくつかのキャッシュ情報の解析に対応した。

[2006/ 9/23] すっきり!! デフラグ ver.4.66.03β:"deprecated"なCRT関数を使用しない対応(本体側)/環境情報の表示(CCPU)で追加の拡張/標準機能フラグの解析と、いくつかのキャッシュ情報の解析に対応した。

[2006/ 9/22] すっきり!! デフラグ ver.4.66.02β:ノーマルモードの「設定」の「削除」に、Windows Media Playerで作られるAlbumArt_*_Large.jpgとAlbumArt_*_Small.jpgを削除する機能を追加。

[2006/ 9/18] すっきり!! デフラグ ver.4.66.01β:日本語版利用時の6月~9月に表示される、夏・梅雨の時期に利用する場合の注意メッセージについて、警告表示をオフにした場合でも、起動時にShiftキーを押しておけば、復活するようにした。同様に、インストール時に表示される問い合わせダイアログについても、Shiftキーを押しておけば復活するようにした/メインダイアログにおいて、ドライブ文字の上にマウスを置いておいた時に表示される文字のうち「取出可能ディスク」の表記を、より一般的な「リムーバブルメディア」に置き換えた/ノーマルモードの「設定」の「削除」に、Thumbs.dbと*.gidファイルの削除を追加。

[2006/ 9/11] いじくるつくーる ver.7.47.05/すっきり!! デフラグ ver.4.65.11/ListView to CSV ver.2.01.06:作者のメールアドレス変更に伴う、更新風鐸への情報書き換え。

[2006/ 9/ 3] いじくるつくーる ver.7.47.04:「エクスプローラ」(explorer.rsc)に、ドライブレター[WinMe/2000以降]を追加。

[2006/ 9/ 1] 疑似クールビズ ver.1.00:あなたの職場にも、ついにクールビズ到来!! 熱暴走寸前のパソコンを、うちわであおいで冷ませ!! (詳しいことは言えませんが、ジョークソフトですよ~)

[2006/ 9/ 1] いじくるつくーる ver.7.47.02-03:正式版として公開/インストールプロセスの改善/共有ライブラリ(環境チェック関連)の改修に伴うリビルド/JWordの同梱期間満了による配布終了/「コマンドプロンプトの設定」(winntcom.rsc)において、「遅延環境変数を有効にする」が正しく設定できていなかったので修正/「ネットワーク(インターネット)」(networki.rsc)において、「Outlook Expressの起動時にWindows MessengerまたはMSN Messengerを起動しない」が正しく設定できていなかったので修正。また、Windows Messengerは対象ではなかったので対象から除外した/簡易圧縮機能について、選択している圧縮方式の標準の拡張子と、入力されている圧縮ファイル名の拡張子が異なる場合、確認を行うようにした。

[2006/ 9/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.65.10/ListView to CSV ver.2.01.05:正式版として公開/インストールプロセスの改善/共有ライブラリ(環境チェック関連)の改修に伴うリビルド/JWordの同梱期間満了による配布終了。

[2006/ 8/25] 複数行置換 ver.1.00a:ドキュメントに誤りがあったため、ドキュメントのみ差し替え。

[2006/ 8/25] TestMuex ver.0.10β:Mutexオブジェクトの試験生成プログラム。

[2006/ 8/19] いじくるつくーる ver.7.47.01β:「プログラムの追加と削除」(uninst.rsc)について、http://msdn.microsoft.com/library/default.asp?url=/library/en-us/msi/setup/uninstall_registry_key.aspに記述された各種エントリに対応した/左記の対応を行ったところ、リストビューの編集ダイアログが縦に長くなりすぎてしまったため、カラム名と編集ボックスを横に並べるようにした/左記の対応を行ったところ、カラム名が編集ボックスの下に隠れてしまって見えなくなる現象が発生したため、編集ボックスの上にマウスを静止したときに、チップとしてカラム名が表示されるようにした。

[2006/ 8/17] 複数行置換 ver.1.00:正式版として公開。

[2006/ 8/11] 複数行置換 ver.0.80β:exeファイルのあるフォルダ以外をカレントフォルダにして起動したとき、ヘルプボタンでドキュメントが読めなくなっていたので修正/フォームの終了時の状態をファイルへ保存し、次回起動時に読み込めるようにした/その他、フォームの動作について細々と修正。

[2006/ 8/10] 複数行置換 ver.0.40β:正規表現使用時の各オプションを追加/テキストエンコードの種類を指定できるようにした。

[2006/ 8/ 9] すっきり!! デフラグ ver.4.65.09:正式版として公開/いくつかのアイコンを微妙に変更/ログ出力用のメッセージを一部改正。

[2006/ 8/ 8] 複数行置換 ver.0.30:正式版として公開。

[2006/ 8/ 7] いじくるつくーる ver.7.46.06:正式版として公開/簡易圧縮機能について、圧縮終了後に、カレントディレクトリを、圧縮対象ファイルのあるディレクトリから、前のカレントディレクトリへ戻すようにした/いくつかのアイコンを微妙に変更。

[2006/ 8/ 7] ListView to CSV ver.2.01.04:正式版として公開/アイコンを微妙に変更。

[2006/ 8/ 7] 改行コード変換 ver.1.00:正式版として公開/アイコンを微妙に変更。

[2006/ 8/ 5] 複数行置換 ver.0.20β:OKボタンをデフォルトボタンとした/OKボタン押下時に確認ダイアログを出すようにした/フォルダ参照ダイアログからフォルダ作成ボタンを除去/その他、細かい部分を修正。

[2006/ 8/ 4] すっきり!! デフラグ ver.4.65.08β:ログ出力について見直し。ログ出力用のバッファのメモリを確保できなかった場合に本処理を飛ばすロジックになっている箇所について、本処理は行うようにした。また、load/runの復帰やサービスの復帰など、これまでログに出力してこなかった事象についても出力するようにした。

[2006/ 8/ 3] 複数行置換 ver.0.10β:テキストファイル中の2行以上の文字列置換が簡単に行えるツール(もちろん1行の置換も可)。正規表現にも対応。.NET Framework 2.0必須。

[2006/ 7/31] いじくるつくーる ver.7.46.05β:簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)におけるファイル圧縮/展開機能について、「圧縮完了後にエラーがなければシャットダウンする」チェックボックスがオンの場合に、確認ダイアログとカウントダウンダイアログを表示するように変更/共有ライブラリ更新に伴う再ビルド("deprecated"なCRT関数を使用しない対応[本体以外のexe,dll])。

[2006/ 7/31] すっきり!! デフラグ ver.4.65.07β:すっきり実行開始前の待機時間を、分・秒単位で指定できるようにした/すっきり実行終了後の再起動やシャットダウン前に、カウントダウンのダイアログを表示できるようにした。

[2006/ 7/29(2)] 改行コード変換 ver.0.90β/いじくるつくーる ver.7.46.04β/すっきり!! デフラグ ver.4.65.06β:共有ライブラリ更新に伴う再ビルド("deprecated"なCRT関数を使用しない対応[ライブラリ側(Unicode)])。

[2006/ 7/29(2)] ListView to CSV ver.2.01.03β:共有ライブラリ更新に伴う再ビルド("deprecated"なCRT関数を使用しない対応[ライブラリ側(Unicode)])/"deprecated"なCRT関数を使用しない対応[本体側(Unicode)]。

[2006/ 7/29] 改行コード変換 ver.0.80/いじくるつくーる ver.7.46.03/すっきり!! デフラグ ver.4.65.05:正式版として公開。

[2006/ 7/29] ListView to CSV ver.2.01.02:正式版として公開/ファイル一覧を生成するとき、改行コードが中途半端に生成されていたため、正しく生成されるように修正。

[2006/ 7/22] 改行コード変換 ver.0.70β:置換時にファイルをバックアップできるようにした/すべての項目にアクセラレータキーを付けた。

[2006/ 7/22] いじくるつくーる ver.7.46.02β:簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)におけるファイル圧縮/展開機能について、「圧縮完了後にエラーがなければシャットダウンする」をチェックしたとき、その後の上書き確認ダイアログでキャンセルを押したときもシャットダウンしてしまっていたので、しないようにした。

[2006/ 7/21] 改行コード変換 ver.0.60β:正規表現による置換利用時のオプションを追加。その他、速度向上のための施策を施した。

[2006/ 7/21] すっきり!! デフラグ ver.4.65.04β:共有ライブラリ更新に伴う再ビルド(Unicode版関数の新設/"deprecated"なCRT関数を使用しない対応(ANSI)/CCPU機能増強/他)/日本語版利用時の6月~9月に、夏・梅雨の時期に利用する場合の注意メッセージを表示するようにした/表示上の細かな修正・統一/本ソフトウェアの配布を行う際の自己解凍書庫の形式について、これまでは lh5 のみを用いてきたが、状況に応じてlh6またはlh7も用いるように変更。

[2006/ 7/21] ListView to CSV ver.2.01.01β:共有ライブラリ更新に伴う再ビルド("deprecated"なCRT関数を使用しない対応[ライブラリ側(ANSI)])/"deprecated"なCRT関数を使用しない対応[本体側(ANSI)]。

[2006/ 7/21] いじくるつくーる ver.7.46.01β:共有ライブラリ更新に伴う再ビルド("deprecated"なCRT関数を使用しない対応[ライブラリのみ(ANSI)])/簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)におけるファイル圧縮/展開機能について、「圧縮完了後に正常終了を示すダイアログを表示する」と「圧縮完了後にエラーがなければシャットダウンする」チェックボックスを追加。また、次回ダイアログを開いたときに、圧縮ファイル名を引き継ぐようにした/その他、表示メッセージの細かい統一。

[2006/ 7/20] 改行コード変換 ver.0.50β:作者が仕事で必要になった、特殊テキスト変換系操作の詰め合わせツール。

[2006/ 7/11] いじくるつくーる ver.7.45.09/ListView to CSV ver.2.00.05:正式版として公開。

[2006/ 7/11] いじくるつくーる ver.7.43.05~08(旧バージョン)用機能追加(4):「Windows XPの設定」(winntxp.rsc)に「毎回起動時に、「通知のカスタマイズ」の過去の項目の一覧を消去する」を追加/「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)で、圧縮アイコンの作成を行って失敗したとき、エラーメッセージが2回表示されていたので、1回表示するように修正/他。

[2006/ 7/10] いじくるつくーる ver.7.45.08β:CoInitialize() APIを用いていた箇所をCoInitializeEx() APIに置き換えたことで、Win9xでアイコンの作成に失敗するようになってしまったようであるため、元に戻した/ヘルプ中の誤植を修正。

[2006/ 7/10] ListView to CSV ver.2.00.04β:Windows 9x系で使用時に、ダイアログのフォントを "MS Dlg Font" ではなく、Default GUI Font を使うように変更した/CoInitialize() APIを用いていた箇所をCoInitializeEx() APIに置き換えたことで、Win9xでアイコンの作成に失敗するようになってしまったようであるため、元に戻した。

[2006/ 7/ 8] ListView to CSV ver.2.00.03β:非常に多量のデータを持つコントロールをサンプル表示しようとしたとき、不正な処理で落ちていたバグを修正/環境情報の表示(CCPU)のUnicode化対応。(その2。例外発生時に関する処理の改良)

[2006/ 7/ 4] いじくるつくーる ver.7.45.07β:共有ライブラリの更新に伴うリビルド(その2)。

[2006/ 7/ 4] ListView to CSV ver.2.00.02β:環境情報の表示(CCPU)のUnicode化対応。(ただし、表示するダイアログ側が採用しているフォントがMS ゴシックなので、MS ゴシックに含まれない文字コードは依然として文字化けするものと思われる。クリップボードへのコピーやファイルへの保存は問題ない)

[2006/ 7/ 1] いじくるつくーる ver.7.45.06β:共有ライブラリの更新に伴うリビルド(ListView to CSVのUnicode化に伴い、ほぼ全ての共有ライブラリにUnicode用関数を設けました。ライブラリの全部分に改修が入っているため、念のためにβ版を挟みます)/CoInitialize() APIを用いていた箇所をCoInitializeEx() APIに置き換え。

[2006/ 6/30] ListView to CSV ver.2.00.01β:Unicode版(lv2csvw.exe)を用いてショートカットファイルの作成(インストール作業の一部)を行った際、ショートカットファイルがうまく作られなかったり、不正な処理で強制終了していたバグを修正。

[2006/ 6/28] ListView to CSV ver.2.00.00α:Unicode版(LV2CSVW.EXE)を作成した。

[2006/ 6/24] いじくるつくーる ver.7.45.05β/ver.7.45.04用機能追加モジュール:winntxp.rscの名称を「Windows XPの設定」(Windows XP以降のOSに関する設定を変更できます。)に変更。そのほか、細々と解説文を変更/「Windows XPの設定」(winntxp.rsc)に「毎回起動時に、「通知のカスタマイズ」の過去の項目の一覧を消去する」を追加。

[2006/ 5/30] いじくるつくーる ver.7.45.04:ドラッグ&ドロップによる新機能の追加、および、簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)におけるファイル圧縮/展開機能について、ハイフンで始まるファイル名を考慮するようにした。また展開機能について、失敗時はDLLからの出力ログを表示するようにした。

[2006/ 5/30] すっきり!! デフラグ ver.4.65.03:ウィザードモードへの圧縮ファイルのドラッグ&ドロップによる解凍で、DLLから失敗が通知されたときに、出力ログを表示するようにした(32KBまで)/半角ハイフンで始まる圧縮ファイルへの対応(ただし、たいていはドラッグ&ドロップ時にフルパスのファイル名に置き換えられるため、問題はおきていない)。

[2006/ 5/28] ListView to CSV ver.1.61.04:サンプルウィンドウ内でCtrl+Aキーを押したときに、サンプルウィンドウ内のテキストを全選択できるようにした。

[2006/ 5/23] いじくるつくーる ver.7.45.03:正式版として公開/(R-Script)Replace$について、置換後の文字列が置換文字を含んでいても、再置換は行わないよう仕様変更(永久ループに陥ってしまう可能性があるため)/簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)におけるlzh形式の圧縮について、Unlha32.dllのバージョンを見て、圧縮形式の選択を狭めるようにした。また、zip形式の圧縮を行った際に表示されるログについて、改行記号の変換(\n→\r\n)を行うための使用アルゴリズムを変更/本ソフトウェアの配布を行う際の自己解凍書庫の形式について、これまでは lh5 のみを用いてきたが、状況に応じてlh6またはlh7も用いるように変更(通常圧縮による配布は、これまで通り lh5 のみを用いて行います)

[2006/ 5/19] いじくるつくーる ver.7.45.02β:簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)において、圧縮終了後にログメッセージを出力するようにした(ただし、32KBまで)/配布しているソースについて、前のバージョンまで配布していたファイルのうちの一部が欠けていたので補完した。

[2006/ 5/14] いじくるつくーる ver.7.45.01β:フォーカスが外れたときにテキストの選択状態が解除されてしまうテキストボックスのいくつかについて、解除されないようにした/「オプション」(Rnsf7.rsc)において、「最近使った機能項目の一覧を消去する」ボタンを押したときに、最近使った機能項目の最大保持数が内部的にクリアされてしまう(4に戻されてしまう)不具合を修正/簡易圧縮機能(右クリックメニューの拡張のContext.exeを用いた機能)におけるlzh形式の圧縮について、Unlha32.dllが最近対応するようになったlh2, lh3, lzs, lz5 形式の圧縮に対応。ただし、環境に導入されているUnlha32.dllが、これらの形式の圧縮に対応していなければならない。ちなみに現時点ではUnlha32.dllのβ版が対応しているが、まだ不具合を抱えていて不正な処理で強制終了されることがあるとのこと。(→現在は解消されています)

[2006/ 5/10] すっきり!! デフラグ ver.4.65.02/ListView to CSV ver.1.61.03:正式版として公開。

[2006/ 5/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.65.01β:すっきり実行中にエラーまたは警告となった場合について、ログにエラーや警告が残されないケースがあったので、それらのうちいくつかをログにも残すようにした/フォーカスが外れたときにテキストの選択状態が解除されてしまうテキストボックスのいくつかについて、解除されないようにした。

[2006/ 5/ 1] ListView to CSV ver.1.61.02β:前回修正部分の他に、フォーカスが外れたときにテキストの選択状態が解除されてしまうテキストボックスのいくつかについて、解除されないようにした。

[2006/ 4/28] ListView to CSV ver.1.61.01β:β版に格上げ(変更点はありません)。

[2006/ 4/25] ListView to CSV ver.1.61.00α:サンプルウィンドウからフォーカスが外れたときに、テキストの選択状態が解除されてしまっていたため、解除されないようにした(本バージョンは簡易的な開発環境で公開する最初のプログラムであるため、α版とします。特に問題がなければ、このまま→β版→正式版となります)

[2006/ 4/15] いじくるつくーる ver.7.44.05/すっきり!! デフラグ ver.4.64.03:正式版として公開。

[2006/ 4/ 2] いじくるつくーる ver.7.44.04β:「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)のファイル圧縮について、次の変更を加えた:ダイアログボックスのアイコンを設定/7-zip32.dllを用いて圧縮した場合に、完了を通知するダイアログが出ていなかったので、出るようにした/圧縮ファイル名を指定しない状態で、拡張子のないファイルをドロップしたとき、dllの処理によっては圧縮後ファイル名の拡張子の補完ができずにエラーとなってしまっていたので、拡張子の補完は、ダイアログ側で行うようにした。

[2006/ 3/26] すっきり!! デフラグ ver.4.64.02β:環境変数使用時に日本語文字列が含まれていた場合、正しく展開することができていなかったので修正。

[2006/ 3/25] すっきり!! デフラグ ver.4.64.01β:ノーマルモードの「設定」-「削除」において、Office ドキュメントの履歴を削除する機能を追加/ウィザードモードのドロップによるインストールについて、7zファイルの展開に対応(7-zip32.dllが必要)/Ls.exeの内部コマンド使用時に、環境変数文字列を使用できるようにした。

[2006/ 3/25] いじくるつくーる ver.7.44.03β:「ネットワーク(インターネット)」(networki.rsc)に「ひな形が納められているフォルダ」を追加。Outlook Expressのメニューの メッセージ - ひな形 - ひな形の選択 で参照するフォルダを指定できるようにした。
(元々はMD5算出機能におけるアクセラレータキー衝突の修正の目的で今回の改修を進めていたのでマイナーバージョンを進めていませんでしたが、新機能の追加が多くなってきたので、マイナーバージョンを進めることにします)

[2006/ 3/21 22:05] いじくるつくーる ver.7.43.11β:「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)のファイル圧縮に、圧縮形式/圧縮率を選択するオプションを設置した。

[2006/ 3/21] いじくるつくーる ver.7.43.10β:「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)のMD5算出機能において、アクセラレータキーの衝突が起きていたので修正/「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)に、7-Zipの圧縮/解凍機能を追加(7-Zip32.dllが必要です)。

[2006/ 3/ 3] ListView to CSV ver.1.60.12:ライセンスを改訂し、再配布に関する規定の緩和を行った/共有ライブラリの更新。環境情報の表示で追加の拡張機能フラグの解析と、いくつかのキャッシュ情報の解析に対応した。

[2006/ 3/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.63.03:最近使ったファイルの一覧を削除するとき、Desktop.iniが置かれているとそれも削除してしまうため、*.lnkだけを削除対象とするようにした/上記の変更のため、内部コマンドに削除対象を限定する$DelFilesを追加/環境情報の表示(CCPU)で追加の拡張機能フラグの解析と、いくつかのキャッシュ情報の解析に対応した/コマンドラインオプション /N と同様の効果として、環境変数 SKRLANG=EN を使えるようにした/ライセンスを改訂し、再配布に関する規定の緩和を行った。

[2006/ 2/28] キーボードシミュレータ.NET ver.1.06a:認識しないキーコードに出会ったときに、SYstem.FormatException例外となっていたので、きちんとしたエラーメッセージを出力するように修正。

[2006/ 2/27] キーボードシミュレータ.NET ver.1.06:エクスプローラ等からのドラッグ&ドロップによるファイル読込に対応/文字列入力欄がEnterキーを受け付けるように改良。

[2006/ 2/26] いじくるつくーる ver.7.43.09:「ネットワーク(インターネット)」(networki.rsc)において、HTTPのキープアライブとTCP/IPのキープアライブが混同されていたので、TCP/IPのキープアライブを「ネットワーク(TCP/IP)」(networkt.rsc)に移動した/「ネットワーク(LAN))」(network.rsc)において、「ユーザーパスワード変更時にLanManハッシュを作成しない」のレジストリキーが誤っていたので修正/環境情報の表示(CCPU)で追加の拡張機能フラグの解析と、いくつかのキャッシュ情報の解析に対応した/ライセンスを改訂し、再配布に関する規定の緩和を行った。

[2006/ 2/24] すっきり!! デフラグ ver.4.63.02β:コマンドラインオプション /N と同様の効果として、環境変数 SKRLANG=EN を使えるようにした/ライセンスを改訂し、再配布に関する規定の緩和を行った。

[2006/ 2/24] いじくるつくーる ver.7.43.05~08用機能修正モジュール(2):「ネットワーク(LAN))」(network.rsc)において、「ユーザーパスワード変更時にLanManハッシュを作成しない」のレジストリキーが誤っていたので修正。

[2006/ 2/19] キーボードシミュレータ ver.1.04c:仮想キーコードの指定(閉じ記号を ')' にしたもの)と繰り返し指定を併せると、入力処理が正常に動作しなくなっていたので修正。

[2006/ 2/19] すっきり!! デフラグ ver.4.63.01β:「最近使ったファイル」の一覧を削除する際に、格納ディレクトリにDesktop.iniがあると、それも一緒に削除してしまっていたので、削除対象は*.lnkだけとするようにした。これに伴い、LS.EXE内部コマンドに$DelFilesを追加。

[2006/ 2/18] いじくるつくーる ver.7.43.05~08用機能修正モジュール:「ネットワーク(インターネット)」(networki.rsc)において、HTTPのキープアライブとTCP/IPのキープアライブが混同されていたので、TCP/IPのキープアライブを「ネットワーク(TCP/IP)」(networkt.rsc)に移動した。

[2006/ 2/15] すっきり!! デフラグ ver.4.62.07:Windows NT系OSにおいて、セーフモードへの移行を行おうとするとエラーとなっていた不具合の修正。

[2006/ 2/11] キーボードシミュレータ ver.1.04b/いじくるつくーる ver.7.43.08/ListView to CSV ver.1.60.11/すっきり!! デフラグ ver.4.62.06:Visual Studio 2005リビルドによる最初の安定版。

[2006/ 2/ 5] キーボードシミュレータ ver.1.04a/いじくるつくーる ver.7.43.07/ListView to CSV ver.1.60.10/すっきり!! デフラグ ver.4.62.05:直前のバージョンにおいて、ビジュアルスタイル非対応になっていたので修正。

[2006/ 2/ 4] キーボードシミュレータ ver.1.04:Visual Studio 2005によるリビルド/[OK]ボタンを押下後、キーボード入力を行いたいアプリケーションをアクティブ(前面化)するように記述を追加した。

[2006/ 2/ 4] いじくるつくーる ver.7.43.06/ListView to CSV ver.1.60.09/すっきり!! デフラグ ver.4.62.04:Visual Studio 2005によるリビルド。

[2006/ 1/28] キーボードシミュレータ ver.1.03:仮想キーコードを簡単に入力できる、[特殊入力]ボタンを設置。

[2006/ 1/22] キーボードシミュレータ ver.1.02:[バージョン情報]ボタン設置/ウィンドウサイズ・位置を記憶するようにした/「あと○○秒」などの表示をタイトルバーに移動/「設定」フレームの各入力欄にアクセラレータキーを付けた/{n:XXXX} による繰り返し指定の追加。

[2006/ 1/19] キーボードシミュレータ ver.1.01:指定された文字列の内容に従い、キーボード操作をシミュレートします。更新点:指定回数の繰り返し入力機能の追加と、ウィンドウサイズの変更を可能にしました。

[2006/ 1/ 8] いじくるつくーる ver.7.43.05/ListView to CSV ver.1.60.08/すっきり!! デフラグ ver.4.62.03:正式版として公開。

ソフトウェアの更新履歴2005(さらに過去)

/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀