Written in Japanese(UTF-8)
2010.12.29
INASOFT
/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀




ソフトウェアの更新履歴2010

[Valid RSS]
RSS 本ページのRSS配信を行っています。

★★ ご注意 ★★

当サイトを含む、広告表示を行うサイトにおいて、突然無関係なサイト(Googleを偽り景品当選を告知するもの、コンピュータの異常やウイルス感染を警告するもの等)が表示された場合、それは詐欺広告の可能性が高いため、何もせずに閉じるようにしてください。Impress Watchによる注意喚起がわかりやすいです


[2010/12/29] 複数行置換 ver.1.64:改行コードが CR+LF 以外のファイルも扱えるようにした/処理中のEscキーによる中断は、本ソフトがフォアグラウンドウィンドウの場合にのみ有効なようにした。

[2010/12/25] ListView to CSV ver.2.19.10:情報出力途中でのEscキーによる中断は、自らがフォアグラウンドウィンドウの場合にのみ行われるようにした。(サンプルウィンドウへの出力も含みます)

[2010/12/18] 改行コード変換 ver.1.07:正式版として公開。

[2010/12/15] 複数行置換 ver.1.63:UTF-32 BEのBOMが、画面表示上誤っていたので修正(処理は正当)。

[2010/12/11] ウィキペディア・タイマ Home/Premium/FFSP ver.1.63:キャラクタ画像をマウスでドラッグできるようにした/キャラクターが登場するエディションを統合した「キャラクターズ統合版」を作りました。以後、こちらをメインにして配布を行います。

[2010/12/ 8] ListView to CSV ver.2.19.09:環境情報の表示(CCPU)で、ネットワークアダプタが複数存在していた場合の不具合を修正/Boost C++ライブラリを1.45に更新/出力途中にEscキーで中断した場合にメモリリークが発生していた現象を修正。

[2010/12/ 8] すっきり!! デフラグ ver.4.77.15:環境情報の表示(CCPU)で、ネットワークアダプタが複数存在していた場合の不具合を修正。

[2010/12/ 8] いじくるつくーる ver.7.71.11:環境情報の表示(CCPU)で、ネットワークアダプタが複数存在していた場合の不具合を修正/Boost C++ライブラリを1.45に更新/スプラッシュウィンドウの制作者情報を更新。

[2010/12/ 6] 改行コード変換 ver.1.06β:Shift-JIS以外の文字コードにも対応。(内部的な動作をUnicodeベースにしているため、Win98/Meには非対応となりました)

[2010/12/ 5] 複数行置換 ver.1.62:処理中にEscキーを押下すると中断できるようにした/一部ボタンの名称と位置を変更。

[2010/12/ 3] 改行コード変換 ver.1.05:改行コードとして CR のみも考慮に入れた/実行開始後にEscキーで中断できるようにした/正規表現を扱うBoost C++ライブラリのバージョンアップ(1.45)に伴う更新。

[2010/12/ 1] マウスのお供 ver.1.39:設定ダイアログのメモ編集への、エクスプローラ等からのファイルドロップができるようにした/コンパイルオプションを変更したことによって見つかった未使用変数の排除。

[2010/11/27] ListView to CSV ver.2.19.08:正式版として公開。

[2010/11/25] すっきり!! デフラグ ver.4.77.14:正式版として公開。

[2010/11/22] いじくるつくーる ver.7.71.10:正式版として公開/ヘルプにあとがき4を追加。

[2010/11/13] いじくるつくーる ver.7.71.09β:「ネットワーク(IE関連)」で、IEの右クリックメニューに項目を追加するとき、htmlファイルはその場で作成するようにした/「ネットワーク(IE関連)」の「選択した文字列をURLとして開く」について、「ttp://」で始まるURLについても対応(すでにこの機能をご利用の場合は、いったんチェックボックスを外してから再び付けてください)/「ネットワーク(IE関連)」に「Google セーフ ブラウジングで調べる」を追加/コンパイルオプションを変更したことによって見つかった未使用変数等小さな問題の排除。

[2010/11/13] すっきり!! デフラグ ver.4.77.13β / ListView to CSV ver.2.19.07β:コンパイルオプションを変更したことによって見つかった未使用変数等小さな問題の排除。

[2010/11/ 9] いじくるつくーる ver.7.71.08β:編集ダイアログの初期出現位置が必ずプライマリモニタになっていたので、親ウィンドウの位置に表示されるよう修正/オプションの「いじくるつくーる終了時に、ウィンドウの位置と大きさを保存しない」について、「ウィンドウ(編集ダイアログ含む)を閉じるときに、ウィンドウの位置と大きさを保存しない」に名称変更(機能は変わりません。名称を機能に合わせたということになります)

[2010/11/ 7] いじくるつくーる ver.7.71.07β:共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。ネットワークアダプタの情報/ユーザーアカウント制御情報の表示等を強化/メインウィンドウ・編集ウィンドウ・キーワード検索画面等の表示位置について、マルチモニタ環境を意識するように修正。また、ウィンドウ・ダイアログ左上座標が画面上にない場合に、ウィンドウ・ダイアログ表示位置を強制補正するようにした/ヘルプの誤植修正。

[2010/11/ 7] すっきり!! デフラグ ver.4.77.12β:x64版のウィザードモードの圧縮/解凍系機能を削除対応に関する正式対応。(前回は、他の不具合対応のための緊急公開と重なり、不完全な対応となったため)/「停止するサービスを選択」ダイアログを、LVS_EX_CHECKBOXESを用いて再実装/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。ネットワークアダプタの情報の表示等を強化。

[2010/11/ 7] ListView to CSV ver.2.19.06β:共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。ネットワークアダプタの情報の表示、ユーザーアカウント制御の情報表示等を強化/各ウィンドウ表示位置について、マルチモニタ環境を意識するように修正。また、ウィンドウ左上座標が画面上にない場合に、ウィンドウ表示位置を強制補正するようにした/PSAPI.DLLの同梱を終了。(今まではWindows NT 4.0でも非公式ながら動作していたようなので同梱していたが、どうやら本格的に動作しなくなったようであるため)

[2010/11/ 1] いじくるつくーる ver.7.71.06:「起動時に特定ファイルや履歴を削除」(bootdel.rsc)によるファイル・フォルダの削除方法を修正。フォルダ内のファイルやサブフォルダを再帰的に削除し、削除できないファイルやフォルダがあった場合は無視して処理を続行する仕組みにしています/(R-Script)EmptyDirectory()関数を追加/メインウィンドウで、カテゴリ表示なし、ナビゲータ表示ありの場合に、境界線の位置が状況によってズレることがあったので修正/デフォルトのナビゲータを表示している場合で十分な広さがある場合、Rnsf7ロゴを表示するようにしてみた/64bit版context.exeから、圧縮・解凍系機能を削除(x64版Rnsf7.exe, context.rscでは、圧縮・解凍機能は x86 版である context_x86.exe を用いているため)/メインウィンドウのステータスバーに表示される文字列について、Windows 98等の古いOSで文字が切れる場合があったので、文言を調整して文字切れが発生しないようにした/「GodModeの呼び出し」をWindows Vista (32bit)にも追加。(Vista x64ではクラッシュするという情報があるので、32bitのみの追加としています)/「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルへ保存/から読込」ダイアログのアイコンが、すっきり!! デフラグのサービス停止アイコンと被っていたので差し替え。

[2010/10/30] マウスのお供 ver.1.38:設定ダイアログのWaveファイル指定の編集ボックスについて、本ソフトがUACで管理者権限で実行されていた場合であっても管理者権限でないエクスプローラ等からのファイルのドラッグ&ドロップを受け入れられるようにした/インストーラ版に用いているInno Setupを、Unicode版に差し替え。(本ソフトがUnicodeで動作しているソフトウェアであるため)

[2010/10/28] すっきり!! デフラグ ver.4.77.11:ver.4.77.06~4.77.10[aではないバージョン]のインストーラが余計なレジストリキーを作成してしまう不具合があったので、そのようなレジストリキーを見つけたら削除するようにした/x64版のウィザードモードの圧縮/解凍系機能を削除(まともに動かないコードが無駄に残ってしまっていたため)。→上の対応のために急ぎの公開となったため、途中までの対応。いずれ正式な対応を予定。

[2010/10/25] NumLockLock ver.1.07:Windows Vista以降でuser32.dllを読み込む場合のディレクトリをSystem32に限定。

[2010/10/24] すっきり!! デフラグ ver.4.77.10a[インストール版のみ 10/24 2:55差し替えています] インストーラが無駄なレジストリキーを作ってしまい、無効な関連づけを増やしてしまっていたので修正。この現象が起きてしまっている方は、ノーマルモードの「ツール」メニュー→「シェル拡張」で「実行ファイル・ショートカットの右クリックメニューに「すっきり実行」を加える」と「すべてのファイル・ショートカットの右クリックメニューに「すっきり実行」を加える」のチェックを入れOKを押し、再びチェックを外してからOKを押して下さい。

[2010/10/24] すっきり!! デフラグ ver.4.77.10/ListView to CSV ver.2.19.05:いくつかのDLLの読み込み先をSystem32ディレクトリに限定/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。NT系OS使用時に、リモートデスクトップ(旧ターミナルサービス)接続中かどうかを表示するようにした。また、Windows 2000以降使用時にディスプレイアダプタ情報・ネットワークアダプタの情報を表示するようにした。他、いくつかのOS提供の表示情報を追加。

[2010/10/23] いじくるつくーる ver.7.71.05:正式版として公開/「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルへ保存/から読込」ダイアログに、いちおうアイコンを付けた/64bit版WindowsではSysedit.exeが存在しなくなったようなので、Sysedit.exeが存在しないようならメニュー項目がグレイアウトするようにした。

[2010/10/20] いじくるつくーる ver.7.71.04β:Windows 7で、メインウィンドウの「ツール」メニューに「GodModeの呼び出し」を追加。Windows 7の裏技、管理機能を集約した「GodMode」を呼び出します。

[2010/10/19] いじくるつくーる ver.7.71.03β:「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルへ保存」と「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルから読み込む」について、ダイアログの保存時に異常終了することがあった点を修正。(Windowsの深い部分の設定「ログオフ/シャットダウンを始めてから何ミリ秒後に強制終了ダイアログを出すか」とHTMLエディタの設定「新規作成に HTML Document を追加する 」が正しく復帰されない(以前のバージョンでも)という報告が上がってきているのですが、手元の環境では再現できず...継続調査中です)/「デスクトップ等」(desktop.rsc)の「ごみ箱の名前をデスクトップから変更可能にする」について、処理失敗時に不正なメッセージが表示されてしまう問題の修正。

[2010/10/18] いじくるつくーる ver.7.71.02β:一覧性の都合から、Windows Vista/7でも編集ダイアログ中のリストビュー/チェックボックスリストのフォントを「MS P ゴシック」に固定/メインウィンドウの「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルへ保存」と「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルから読み込む」を「機能項目のダイアログ状態を指定フォルダへ一括保存」と「機能項目のダイアログ状態を指定フォルダから一括読込」に名称変更。保存先フォルダの指定方法に直接パス入力を加え、また、保存/読込対象となる機能項目の選定方法を追加した。
(どうもこのあたり、各機能の立ち位置がハッキリしないところがあるので、後ほど見直しをするかもしれません。また、このあたりの機能はあまりテストできていないため、使用時はご注意下さい)

[2010/10/16] いじくるつくーる ver.7.71.01β:「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルへ保存」で、非表示スクリプトの「お気に入りの整理」(R7FAV.rsc), 「履歴管理」(R7HIST.rsc), 「更新確認機能の設定」(R7UPDATE.rsc)も保存対象とするようにした/編集ダイアログ上の「保存」「読込」ボタン押下時に表示されるファイル選択ダイアログについて、rscファイル名の拡張子を.rndに変えたものをデフォルトのファイル名として表示するようにした/「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)について、7-zip32.dllおよび7zについて説明の抜けている箇所があったので追記/圧縮解凍DLLについて、System32フォルダに入れるよう明記。また、いくつかのDLLについて、読み込み先をSystem32フォルダに限定/特定環境下で動作しない機能項目(スクリプト)について、これまでは「この環境では動作しません」と表示するだけであったが、このときに機能項目名も表示するようにした。

[2010/10/13] マウスのお供 ver.1.37:タスクトレイアイコン上のメニューから呼び出せる各機能に対して、ショートカット操作を付けた
メニュー項目名ショートカット操作
(タスクトレイアイコン上にマウスを置いて下記の操作)
設定マウスのダブルクリック
メモの編集キーボードのCtrlキー+マウスのダブルクリック
表示を隠すマウスの中ボタンクリック
クリップボードを空にするキーボードのShiftキー+マウスの中ボタンクリック
クリップボード文字列の修飾を除去キーボードのCtrlキー+マウスの中ボタンクリック
 なお、タスクトレイアイコン上にマウスを置いて、キーボードのShiftキー+マウスのダブルクリックを行った場合は、「色設定」ダイアログが呼び出せます。


[2010/10/13] コピペテキスト修飾除去 ver.1.06:タスクバーの異常終了が原因でタスクトレイアイコンが再作成される場合に、一時機能OFF中であってもOFF中アイコンが表示されなくなっていたので修正/タスクトレイアイコンのダブルクリックや中ボタンクリックで、機能一時OFFやクリップボード内情報のクリアなどを即時実行できるようにした。

[2010/10/12] NumLockLock ver.1.06:各キーの監視状態について、「本ソフト起動時のみ監視を行う」を追加/設定ダイアログがタスクバーボタンに表示されるようにした/タスクトレイアイコンの左クリック時に、「一時的にキーボード監視をOFFにする」のON/OFFができるようにした。

[2010/10/11] いじくるつくーる ver.7.71.00β:共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。ネットワークアダプタの情報の表示を追加/x64版「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)の個別アンインストール時に context_x86.exe を削除しないようにした。(Rnsf7のメインウィンドウへのファイルのドラッグ&ドロップでもcontext_x86.exeを使う可能性があるため)/「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)のMD5の取得・ファイル比較について、ダイアログ上にプログレスバーを付けた(Windows 7では、タスクバーボタンでも進捗が分かるようにした)。また、MD5取得中に中断できるようにした/「プログラムの起動許可設定」(rstrct.rsc)で「下の一覧に登録されたファイル名以外のプログラムを実行しない」をチェックしたときのexeファイル検索時に、タスクバーボタンが「動作中」を示す状態となるようにした。(Windows 7のみ)/「プログラムの追加と削除」(uninst.rsc)に「現在のユーザーのみに登録された情報を削除します」を追加(Windows 2000以降)/「頻繁に利用するプログラムに登録しない」(winntxpnsp.rsc)の「ユーザーごとの設定」は文言として誤っているので「アプリケーションパスでの設定」に変更。

[2010/10/ 4] NumLockLock ver.1.05:本ソフトがキー状態を変えた場合にならす音を選べるようにした。

[2010/10/ 3] いじくるつくーる ver.7.70.14:機能項目「プログラムの追加と削除」に「32bit版のインストーラが登録した情報を編集します」を追加。(64bit版のみ)/機能項目「エクスプローラ」の「自動フォルダ・タイプ設定」を変更すると、Virtual PCで仮想マシンの追加ができなくなる件について注意喚起の表示を追加。(Windows 7のみ)[詳細はこちら]/64bit版のいじくるつくーるのメインウィンドウに、エクスプローラ等からlzh, zip, 7zファイル(機能追加・修正モジュールなど)をドラッグ&ドロップしても自動展開ができなかったので、context_x86.exeを呼ぶことにより自動展開できるようにした/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。NT系OS使用時に、リモートデスクトップ(旧ターミナルサービス)接続中かどうかを表示するようにした。また、ディスプレイアダプタ情報を表示するようにした。その他、OS提供の表示情報を追加。

[2010/10/ 2] マウスのお供 ver.1.36:設定ダイアログのWaveファイル指定の編集ボックスへ、エクスプローラからのファイルドロップができるようにした。

[2010/ 9/27] いじくるつくーる ver.7.70.13用機能追加・修正モジュール(2):機能項目「エクスプローラ」の「自動フォルダ・タイプ設定」を変更すると、Virtual PCで仮想マシンの追加ができなくなる件について注意喚起の表示を追加。(Windows 7のみ)/詳細はこちら

[2010/ 9/25] NumLockLock ver.1.04:「リモートデスクトップ接続されている場合のNumLockの監視方法を変える」ための機能を付加。

[2010/ 9/22] すっきり!! デフラグ ver.4.77.09:Windows Vista以上でUAC(ユーザーアカウント制御)を有効にしている場合であっても、エクスプローラからの本ソフトへのファイルのドラッグ&ドロップが使えるようにした/スケジューラ設定の「右に指定したプログラムの動作中は、実行しない」のプログラム名指定への、エクスプローラからのファイルドロップに対応した。

[2010/ 9/20] いじくるつくーる ver.7.70.13用機能追加・修正モジュール(1):「プログラムの追加と削除」に「32bit版のインストーラが登録した情報を編集します」を追加。(64bit版のみ)

[2010/ 9/19] 東方レスキュー ver.0.10上海アリス幻樂団さんの「妖精大戦争」「ダブルスポイラー」「東方星蓮船」「東方地霊殿」って、ウィンドウモードで起動して最小化した状態で終了すると、次回起動時からウィンドウモードで起動できなくなっちゃう(ウィンドウがどこか見えないところに移動したまま戻れなくなる)んですね。このプログラムは、そんな状態になったこれらのゲームを復帰させます。

[2010/ 9/18] ListView to CSV ver.2.19.04:Windows Vista以上でUAC(ユーザーアカウント制御)を有効にしている場合であっても、エクスプローラから本ソフトへのファイルのドラッグ&ドロップが使えるようにした/Boost C++ Libraries のバージョンを 1.44 に更新。

[2010/ 9/16] 疑似クラウド ver.1.02:マルチスクリーン環境への対応/IMEバーがちらつく現象の軽減。

[2010/ 9/12] いじくるつくーる ver.7.70.13:Windows Vista以上でUAC(ユーザーアカウント制御)を有効にしている場合であっても、エクスプローラから本ソフトへのファイルのドラッグ&ドロップが使えるようにした/Boost C++ Libraries のバージョンを 1.44 に更新/64bit版において、KeyListの項目編集ダイアログへのファイルのドロップができなくなっていたので修正。

[2010/ 9/11] マウスのお供 ver.1.35:タスクトレイアイコンの右クリックメニューに「スタートアップに登録」を追加。

[2010/ 9/ 9] ウィキペディア・タイマ Pro/Home/Premium/FFSP ver.1.62:Google Chrome ver.6への対応/wpedia.goo.ne.jp への対応(Firefoxではwpthelp.xpiのアップデートが必要です)/PNGファイル表示のライブラリの更新。

[2010/ 9/ 8] 疑似クラウド ver.1.01:タスクトレイアイコンの右クリックメニューに「スタートアップに登録」を追加。え!? NumLockLockの更新を真似ただけなんじゃないかって!? 良いアイディアは盗み取るものさ!!

[2010/ 9/ 7] NumLockLock ver.1.03:設定ダイアログに「キーの状態を変えたら音で知らせる」を追加。

[2010/ 9/ 4] NumLockLock ver.1.02:タスクトレイアイコンの右クリックメニューに「スタートアップに登録」を追加。

[2010/ 9/ 1] 疑似クラウド ver.1.00:疑似的にクラウドサービスを体験するためのジョークソフト。

[2010/ 8/18] いじくるつくーる ver.7.70.12:共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。最近追加になったIntel社製CPUの機能フラグ等の意味づけ追加。また、Windows Home Server の判別対応(本ソフトがHome Serverに正式対応したわけではありません)/ヘルプ中の古い記載の修正。

[2010/ 8/ 9] マウスのお供 ver.1.34:正式版として公開。

[2010/ 8/ 8] ListView to CSV ver.2.19.03:テスト機能として「リストビュー複数選択補助(β版)」を追加/出力処理に時間が掛かりすぎることがあるそうなので、Escキーを押したら中断できるようにした/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。最近追加になったIntel社製CPUの機能フラグ等の意味づけ追加。また、Windows Home Server の判別対応(本ソフトがHome Serverに正式対応したわけではありません)

[2010/ 8/ 4] マウスのお供 ver.1.33β:コマンドラインオプション「/m」で、設定ダイアログのメモ編集を直接呼び出すことができるようにした。(※本機能は、「mousenootomo.exe /m」というショートカットを作り、任意のショートカットキーを割り当てておくことにより、「ショートカットキーを押すことでメモ編集画面を呼び出せる」状態を作り出すことを目的としています)

[2010/ 8/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.77.08:チェックディスク開始までの待ち時間が0秒に設定されていた場合、警告メッセージを出すようにした。

[2010/ 7/28] ListView to CSV ver.2.19.02β:テスト機能「リストビュー複数選択補助(β版)」画面を閉じたときの選択肢を記憶しておけるようにした。

[2010/ 7/25] ListView to CSV ver.2.19.01β:テスト機能「リストビュー複数選択補助(β版)」を英語版も追加。また、条件合致時には選択解除となるチェックボックスを追加。

[2010/ 7/19] ListView to CSV ver.2.19.00β:出力処理に時間が掛かりすぎることがあるそうなので、Escキーを押したら中断できるようにした/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。最近追加になったIntel社製CPUの機能フラグ等の意味づけ追加。また、Windows Home Server の判別対応(本ソフトがHome Serverに正式に対応したわけではありません)/(日本語版のみ)テスト機能として「リストビュー複数選択補助(β版)」を追加。

[2010/ 7/15] NumLockLock ver.1.01:監視設定等が1つも行われていない場合、プログラム起動時に設定ダイアログを表示するようにした/画面の標準文字サイズを大きくしていた場合に、設定ダイアログの文字を表示しきれなくなっていたため修正。

[2010/ 7/12] NumLockLock ver.1.00:タスクトレイに常駐し、NumLockキー・CapsLockキー・ScrollLockキーのトグル状態(ON/OFF)を監視します。そして指定された状態になっていない場合は、キーボード押下シミュレートを行い、指定状態へ修正します。

[2010/ 7/ 4] いじくるつくーる ver.7.70.11:正式版として公開/通常圧縮版の圧縮形式をlzhからzipに変更/旧インストーラ時代の古いダイアログボックスのためのリソースが残されたままになっていたので削除/インストール版について、Windows Vista/7で「ユーザーアカウント制御」を利用していたとき、インストール終了時に本プログラムを起動するようにした場合に、エラーとなりプログラムの起動ができなくなっていた問題の修正。

[2010/ 6/27] ListView to CSV ver.2.18.03:旧インストーラ時代の古いダイアログボックスのためのリソースが残されたままになっていたので削除/通常圧縮版の圧縮形式を、lzhからzipに変更/インストール版について、Windows Vista/7で「ユーザーアカウント制御」を利用しているとき、インストール終了時に本プログラムを起動するようにした場合に、エラーとなりプログラムの起動ができなくなっていた問題の修正。

[2010/ 6/26] すっきり!! デフラグ ver.4.77.07a:インストール版について、Windows Vista/7で「ユーザーアカウント制御」を利用しているとき、インストール終了時に本プログラムを起動するようにした場合に、エラーとなりプログラムの起動ができなくなっていた問題の修正(インストール版のインストーラ部分に対する修正のみですので、現在すでにver.4.77.07をご利用の場合は、アップデートをしていただく必要はありません。)

[2010/ 6/20] マウスのお供 ver.1.32:正式版として公開/インストーラが本ソフトをスタートアップへの登録をできるようにした。

[2010/ 6/19] ウィキペディア・タイマ Pro/Home/Premium/FFSP ver.1.61:↓の本体取り込み/インストール終了時にFirefoxアドオンをインストールするか選択できるようにした/インストール時にスタートアップへの登録を選択できるようにした。

[2010/ 6/17] ウィキペディア・タイマ Firefox用補助アドオン 先行公開版 ver.1.61:Firefoxをマルチプロセスで動作させた場合にうまく動作しなくなる問題を修正。

[2010/ 6/15] ウィキペディア・タイマ Pro/Home/Premium/FFSP ver.1.60:Home/Premium/FFSPの3つのエディションのプログラムの統合/64bit専用版プログラムの公開停止(エディション過多で管理が大変なため)/Home Edition/Premium Edition/Firefox Special Editionについて、音声を付けた/通常圧縮版の圧縮形式をzipへ変更/インストール版の追加。

[2010/ 6/14] すっきり!! デフラグ ver.4.77.07:正式版として公開。

[2010/ 6/13] マウスのお供 ver.1.31β:設定ダイアログのメモ編集を直接呼び出すメニューを追加/設定ダイアログの初期表示位置を、プライマリスクリーンの作業エリアの右下に固定。

[2010/ 6/12] マウスのお供 ver.1.30β:インストール版をInno Setup 5にて作成するように変更。32bit環境と64bit環境を自動判別して、適切なファイルをインストールできるようにした/これに伴い、ver.1.23以前のバージョンを利用している場合は、本ソフトをいったんアンインストールすることをお勧めします。これは、旧インストーラによるインストール情報と、新インストーラによるインストール情報が重複することを防ぐためです。重複しても気にならないという場合は、アンインストールしなくても構いません/設定ダイアログを複数タブに分けた。また、メモを複数行指定できるようにした/通常圧縮版の圧縮形式を、lzhからzipに変更。

[2010/ 6/11] 複数行置換 ver.1.61:通常圧縮版にzip版を追加。

[2010/ 6/10] いじくるつくーる ver.7.70.10βすっきり!! デフラグ ver.4.77.06βListView to CSV ver.2.18.02:通常圧縮版にzip版を追加。

[2010/ 6/ 6] いじくるつくーる ver.7.70.10β:「Autorunの抑制」で「ドライブの種類によるAutorunの抑制(全ユーザー設定)」を追加/(R-Script)PlaySound関数を追加。

[2010/ 6/ 2] すっきり!! デフラグ ver.4.77.06β:インストール版をInno Setup 5にて作成するように変更。32bit環境と64bit環境を自動判別して、適切なファイルをインストールできるようにした。これに伴い、ver.7.77.05以前のバージョンを利用している場合は、本ソフトをいったんアンインストールすることをお勧めします。が、インストール時の情報が重複するくらいですので、気にならなければアンインストールする必要はありません。

[2010/ 6/ 1] ListView to CSV ver.2.18.02:正式版として公開。

[2010/ 5/29] 複数行置換 ver.1.61:正式版として公開。

[2010/ 5/25] いじくるつくーる ver.7.70.08:正式版として公開。

[2010/ 5/24] ListView to CSV ver.2.18.01β:インストール版をInno Setup 5にて作成するように変更。32bit環境と64bit環境を自動判別して、適切なファイルをインストールできるようにした(これに伴い、ver.2.17.03以前のバージョンを利用している場合は、本ソフトをいったんアンインストールすることをお勧めします)/「表示」メニューの「設定」に「サンプルウィンドウのフォント」を追加/「出力形式」に「スペース区切り」を追加。テキストエディタでの閲覧に適した形式です。

[2010/ 5/18] いじくるつくーる ver.7.70.07β:アンインストール時、「スタートアップレジストリ監視/削除」の常駐解除処理から間をおかずに削除処理が入るため、タイミングによってはbootrund.exeの削除に失敗する可能性があることから、常駐解除処理の後に500msのスリープを入れるように修正。

[2010/ 5/17] いじくるつくーる ver.7.70.06β:インストール版の圧縮アルゴリズムを、圧縮率の若干高いものに変更/上書きインストール時に、「スタートアップレジストリ監視/削除」の常駐プロセスが常駐していた場合の警告メッセージを出さないようにした。(メッセージが出なくなっただけで、自動的に常駐解除/更新/再常駐となることに変わりはありません)/Windows 2000以前の環境でもインストール版を利用できるように修正/(R-Script)RegDeleteValue関数で、指定されたエントリが存在しなくて削除失敗した場合の戻り値が1(成功)になってしまっていたため、0(失敗)に戻した。

[2010/ 5/16] いじくるつくーる ver.7.70.05β:インストール版をInno Setup 5にて作成するように変更。32bit環境と64bit環境を自動判別して、適切なファイルをインストールできるようにした/これに伴い、ver.7.70.04以前のバージョンを利用している場合は、いじくるつくーるをいったんアンインストールすることをお勧めします。また、Windows 2000よりも前のOSをご利用の場合、インストール版が利用できなくなりますので、通常圧縮版を利用するよう、お願いします。

[2010/ 5/14] いじくるつくーる ver.7.70.04β:x64版において「右クリックメニューの拡張」(context.rsc)で圧縮解凍系の操作を扱う場合は、x86版のexeを用いた方が適切であるため、x86版のcontext.exe「context_x86.exe」を同梱し使用するようにした/x86版において、64bit OS上で動作させた場合、x64版のダウンロードページへの案内を出すようにした/(R-Script)GetOSInfo() 関数のオプションとして "wow64" を追加/(R-Script)リストビューの編集ダイアログについて、入力欄左側の説明文字が見えない場合のために、スクロールやマウスポイント時の説明表示をするようにした。

[2010/ 5/ 9] いじくるつくーる ver.7.70.03β:「すべての機能項目のダイアログ状態をファイルから読み込む」の処理中は、コンピュータの再起動が起こらないようにした。また、メインウィンドウへの複数ファイルのドロップの際にも、再起動が起こらないようにした。 ※必要に応じて、処理終了後にユーザーに手により再起動を行ってください/Boost C++ Libraries のバージョンを 1.43 に更新。

[2010/ 5/ 8] 複数行置換 ver.1.60β:[入力クリア]ボタンを押下したときに、置換前後文字列のみを消去するようにした/チェックボックス「テキストエンコード」の名称を「ファイルの文字コード」に変更。また、BOMの有無も、この一覧の中で選択するように変更。UTF-16,32はビッグエンディアンにも対応/チェックボックス「ファイルの文字コードを自動判別」を追加(自動判別は完璧ではありませんのでご注意ください)

[2010/ 5/ 5] いじくるつくーる ver.7.70.02β:KeyListの書込処理において、キーの削除を行う条件を「キーの書込オープンができること」を条件とするようにした。

[2010/ 5/ 3] いじくるつくーる ver.7.70.01β:共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。.NET Framework 1.1~3.5の日本語 Language Packの検出と、そのService Packの検出に対応/「特殊フォルダの名称・アイコン変更(個/全)」、「ネットワーク(LAN)」の「RPC(リモートプロシージャコール)を利用しない」、「デスクトップ等」の「ごみ箱の名前をデスクトップから変更可能にする」は、Windows Vista/7での動作が不確定なことがあったり、レジストリに書込権限がない状態がデフォルトだったりするため、表示しないようにした/KeyList(「アプリケーションパス」や「プログラムの追加と削除」の一覧表示で使っている)において、書込権限で開けないキーについては、一覧に表示しないようにした。

[2010/ 4/30] いじくるつくーる ver.7.70.00β:共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。.NET Framework 4 (Client/Full)と、1.0~3.5のService Packの検出に対応/「設定」メニュー→「オプション」に「設定保存時、レジストリ書込みでエラーが発生したら報告する」を追加。編集ダイアログ実行中、レジストリへの書き込みでエラーが発生した場合、エラーの発生したキーやエントリ名を、Windows APIの報告した原因と共にエラーダイアログにて表示します/本ソフト自身のためのレジストリへの設定保存時や、リストビュー型のコントロール(ValueListやKeyList)に関連したレジストリへの書き込み時について、エラー検出をするようにした。(このため、従来のバージョンでは、権限等の理由で書き込めていなかった一部のキーについて、エラーを出していなかったものについても、エラーを出すようになっています。例えばWindows 7では「アプリケーションパス」の「dvdmaker.exe」「Journal.exe」「mip.exe」「SnippingTool.exe」「TabTip.exe」でエラーが発生します)

[2010/ 4/24] いじくるつくーる ver.7.69.09:ver.7.69.08用機能修正モジュール(1)および(2)の本体統合/「アニメーション設定」に「スムーススクロールを有効にする」を追加(Windows 98~)。

[2010/ 4/17] いじくるつくーる ver.7.69.08用機能修正モジュール(2):「システムの禁止設定(個/全)」に「ガジェットの起動禁止」を追加(Windows Vista/7)/「エクスプローラ」に「検索ボックスの履歴を表示しない」を追加(Windows 7)/「タスクバー・スタートボタン」に「ジャンプリストにネットワーク先のファイル履歴を表示しない」を追加(Windows 7)。

[2010/ 3/20] いじくるつくーる ver.7.69.08用機能修正モジュール(1):Windows Vista以降で、キーワード検索画面から「特殊フォルダの名称・アイコン変更(個/前)」へ至ることができなくなっていたので修正(Windows Vista/7)/「プログラムの追加と削除」で、DWORD型のレジストリ値のうちのいくつかを破壊していたので修正。

[2010/ 3/11] いじくるつくーる ver.7.69.08去年末あたりのバージョンより、手違いによりeditsetting.rscが付属されなくなっておりましたが、本バージョンより再び付属をしています/Boost C++ Libraries のバージョンを 1.42 に更新/Windows Vista以降において、「特殊フォルダの名称・アイコン変更(個人用設定/全ユーザー)」のアイコンの設定がOS自身の設定と競合することがわかったため、Windows Vista以降ではアイコン変更の設定を表示しないようにした/機能項目「Windows XPの設定」の名称を「Windows XP以降の設定」に変更。(Windows Vista/7 でも使えることを明確にするため)

[2010/ 3/ 8] すっきり!! デフラグ ver.4.77.05:正式版として公開。

[2010/ 3/ 3] いじくるつくーる ver.7.69.07:Windows 98/Meにおいて、ネットワーク(LAN)の設定でRWINおよびTTLの値を修正すると、間違った値の書き込み方をしていたので修正。

[2010/ 2/27] すっきり!! デフラグ ver.4.77.04β:すっきり実行前後の設定に「再起動直後に xx 分 xx 秒間の待機を行う[←Windows起動後の安定待ち]」を追加。←こちらの設定は、デフォルトでON(60秒)となります
 Windowsは起動直後は不安定だったりディスクアクセスが非常に多く行われており、デフラグを行う状態としては不適切である場合があります。また、デフラグが短時間で終わってしまった場合、その直後に行われる終了処理の時点でも起動し切れていないサービスがあったような場合に不具合が発生する可能性があります。このため、Windows起動直後に1分程度のウェイトを置くことが奨励されます。この待ち時間は、環境によって適切な値が異なりますから、各自で適切な値に調整してください。普段Windowsを使っていて、「何秒くらい経つとWindowsの操作ができるようになる」という感覚でかまいません。

[2010/ 2/22] ListView to CSV ver.2.17.03:正式版として公開。

[2009/ 2/17] いじくるつくーる ver.7.69.06用機能追加・修正モジュール(1):Windows 98/Meにおいて、ネットワーク(LAN)の設定でRWINおよびTTLの値を修正すると、間違った値の書き込み方をしていたので修正。

[2010/ 2/15] いじくるつくーる ver.7.69.06:正式版として公開/コマンドラインオプション /? 指定時、ダイアログではなくヘルプファイルにてコマンドラインの説明を開くようにした。

[2010/ 2/14] コピペテキスト修飾除去 ver.1.05:クリップボードの常時監視は行わないが、一時的に機能を利用するための「クリップボード内のテキストの属性を除去する」を追加。

[2010/ 2/12] ListView to CSV ver.2.17.02β:64ビットOS上では、x86版は動作不可とした。(32bitアプリから64bitアプリを走査させない判定そのものが、ハンドルを格納する変数のビット数に依存していて危ういため。また、x64版があれば事足りるため)/ヘルプのおまけに「番外編~x64を考慮した場合」を追加。

[2010/ 2/10] ウィキペディア・タイマ Pro/Home/Premium/FFSP ver.1.55:Google Chromeへの再対応/PNGファイル表示のライブラリの修正に伴う更新/Kamio URL変更。

[2010/ 2/ 8] コピペテキスト修飾除去 ver.1.04:クリップボードへコピーした文字列から、色や大きさなどの修飾情報を取り除き、ただのテキストに変換する。

[2010/ 2/ 7] ListView to CSV ver.2.17.01β:x64環境下において、x86プロセスで動く LV2CSV*.exe が x64 のプロセスにアクセスした場合、x64 プロセスをクラッシュさせてしまう恐れが出てきたため、アクセスさせないようにした/x64版の LV2CSV.exe が x86 プロセスにアクセスできるようにした(このため、x64版には LV2CSVW.exe (32bit) は同梱されなくなりました)/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。追加機能フラグ/拡張機能フラグで新たに判明した機能を追加/コマンドラインオプション /? 指定時、ダイアログではなくヘルプファイルにてコマンドラインの説明を開くようにした。(日本語のみ)

[2010/ 2/ 6] マウスのお供 ver.1.23:タスクトレイアイコンのメニューが、メニュー以外の部分をクリックした場合に消えるように修正/コマンドラインオプション /? 指定時、ダイアログではなくヘルプファイルにてコマンドラインの説明を開くようにした。

[2010/ 2/ 4] すっきり!! デフラグ ver.4.77.03:正式版として公開/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。追加機能フラグ/拡張機能フラグで新たに判明した機能を追加/スケジューラ常駐時、タスクトレイアイコンの右クリックメニューについて、メニュー外をクリックしてもメニューが閉じるようにした。

[2010/ 2/ 2] いじくるつくーる ver.7.69.05β:「Windows XPの設定」内にある「インターネット時刻で使用するアドレス」を変更すると、日付と時刻の調整の「インターネット時刻」のタブが消失するという現象を修正/(R-Script)キー内のすべての値を削除するRegDeleteAllValueを追加/「キーを指定してレジストリ エディタを開く」で、コンボボックスのリスト選択時に「変換後のレジストリキー名」が表示されなくなる場合があったので修正/スタートアップレジストリ監視常駐時、タスクトレイアイコンの右クリックメニューについて、メニュー外をクリックしてもメニューが閉じるようにした。

[2010/ 1/28] いじくるつくーる ver.7.69.04:「Windows NT系設定」の「ファイルキャッシュのサイズ」について、バイト単位である旨明記した/共有ライブラリ(環境情報の表示(CCPU))の更新。追加機能フラグ/拡張機能フラグで新たに判明した機能を追加。

[2010/ 1/24] すっきり!! デフラグ ver.4.77.02β:Windows 7では、実行方法の選択としてセーフモードを使用できないことになっているが、ウィザードモードを使うと選べてしまう状態であったため修正/ヘルプ中の、ノーマルモード用のすっきり実行の方法について、Windows Vistaでセーフモードが選べない旨、誤った記述があったので修正。

[2010/ 1/23] すっきり!! デフラグ ver.4.77.01β:「デフラグ設定」ダイアログにおいて、Windows 7では「プリフェッチ・ログに基づく起動ファイルの再配置のみを行う」の位置には「ブート最適化を行う」が、「完全な最適化を実行する」の位置には「空き領域の統合のみを行う」が、それぞれ表示されるように変更/自動ログオン設定が行われていないときに自動ログオン解除オプションが指定されていた場合には、ログには「自動ログオン解除失敗」と出さずに「自動ログオン解除済」と表示されるよう修正。

[2010/ 1/14] 複数行置換 ver.1.51:極めて大きなファイルをあつかった場合に、メモリ不足が発生にくくなるようにした/ファイル名指定が *.* または * だった場合に、確認ダイアログを表示するようにした。

[2009/ 1/12] いじくるつくーる ver.7.69.03用機能追加・修正モジュール(1):「Windows NT系設定」の「ファイルキャッシュのサイズ」について、バイト単位である旨明記した。

[2010/ 1/11] 複数行置換 ver.1.50:[出力ファイルの先頭にBOMが付く場合に取り除く]を追加。

[2010/ 1/ 3] いじくるつくーる ver.7.69.03:Boost C++ Libraries のバージョンを 1.41 に更新/「右クリックメニューの拡張」にフォルダに対するメニュー項目を追加/「右クリックメニューの拡張」において、x64(Windows Vistaおよび7)のRnsf7.exeでは「MS-DOSプロンプト」のメニューの追加を行わないように修正/(R-Script)GetOSInfoに、"is64bit" オプションを追加。Rnsf7.exeがx64のものかどうかを判定できるようにした。

ソフトウェアの更新履歴2009(さらに過去)

/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀