Written in Japanese(UTF-8)
2020.12.31
INASOFT

/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2020/2019/2018/2017/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀


ソフトウェアの更新履歴2020



RSS 更新履歴の直近情報RSS配信を行っています。



[2020/12/ 1(火) 0:00] 疑似スクリーンショット ver.1.01:マウスをクリックした部分をスクリーショットします(ジョークソフトです)/日本語環境以外で動作させた場合に、英語モードで動作するようにした/英語版ドキュメントを同梱。

[2020/11/12(木) 21:00] 改行コード変換Lite ver.2.02.09:英語モードで動作させた場合に、置換前のコントロールコードを選ぶプルダウンメニューの項目名の右側が欠けてしまっていたので修正。また、単体機能のCopyrightの表示と説明文の充実。エラーメッセージを標準エラー出力に出すように修正/settmst.exeのエラーメッセージの充実化/各サブプログラムを他ソフトウェアに同梱することを可能とする文言を追加。

[2020/ 9/25(金) 0:00] マウスふるふる ver.1.14.14:以下の内容で正式版として公開/マウスを揺らす時間間隔を33秒以上あけてランダム秒数指定できなかった不具合を修正。

[2020/ 9/18(金) 18:14] マウスふるふる ver.1.14.13β:マウスを揺らす時間間隔を33秒以上あけてランダム秒数指定できなかった不具合を修正。

[2020/ 9/ 5(土) 0:00] 疑似スクリーンショット ver.1.00:マウスをクリックした部分をスクリーショットします(ジョークソフトです)

[2020/ 8/28(金) 13:09] マウスふるふる ver.1.14.12:Scroll Lockキーを押し離しする場合に、Scroll Lock状態を変更しないようにするため、押し離し動作を素早く2回繰り返すようにした。

[2020/ 8/20(木) 0:00] 改行コード変換Lite ver.2.02.08:次の内容を正式版として公開/出力ファイル名の自動生成について、変換内容に沿ったものになるよう変更(80バイト毎にCR+LFを挿入するなら "_crlf80" を付加。改行コードをLFに統一するなら "_lf" を付加など)。詳細は付属のヘルプ参照。

[2020/ 8/11(火) 0:00] 改行コード変換Lite ver.2.02.07β:出力ファイル名の自動生成について、変換内容に沿ったものになるよう変更(80バイト毎にCR+LFを挿入するなら "_crlf80" を付加。改行コードをLFに統一するなら "_lf" を付加など)。詳細は付属のヘルプ参照。

[2020/ 8/ 5(水) 12:10] 改行コード変換Lite ver.2.02.06:入力ファイル名を入れたら、出力ファイル名を「入力ファイル名+_out」で自動的に生成する機能を追加。(当該チェックボックスをONにすると有効になります)

[2020/ 7/13(月) 21:38] マウスふるふる ver.1.14.11:暫定版として公開した機能を、正式版へ統合しました/ヘルプのご利用上の注意に、マウス自身やキーボード自身がスリープモードに入ってしまうことを防ぐことはできない旨を追加。

[2020/ 7/12(日) 22:44] CaptureSaveAs ver.1.20:.NET FrameworkのPath.GetDirectoryName()が、カレントフォルダを指定された場合にNULLを返す仕様があったため、対応。例えば、設定ダイアログで指定した基礎部分がルートフォルダの場合に、System.NullReferenceExceptionが発生していたため、その場合は例外処理をスキップするようにした/ファイル名のカスタマイズが不要というお問合せをいただくのですが、そもそも本ソフトは、かつて私が利用していた他の作者様のフリーソフトについて「ファイル名のカスタマイズなくて不便だな」と思ったことをきっかけに作ってソフトということになります。よって、そういった方の場合は、本ソフトの「ファイル名修正を省略する」をONにするか、あるいは過去に私が利用していた他の作者様のフリーソフトの方がニーズがマッチしている可能性が高いと考えられるため、ご案内を追加しました。

[2020/ 5/18(月) 18:52] コピペテキスト修飾除去 ver.1.56.04:※ダウンロード時に誤検出があるようなので、zipファイルを暗号化しています。パスワードは「inasoft」です/コマンドラインオプションに非保存モードを追加。

[2020/ 5/13(水) 0:00] マウスふるふる ver.1.14.09:以下の内容で正式版として公開/設定ダイアログに「マウスの揺らし方」を新設し、「揺れが目で見てわかるように揺れ幅を大きくする」を吸収。「1ピクセル分揺らし次のタイミングまでそのまま」(マウス座標を認識して離席等を判定するアプリ向けのモード)を追加。

[2020/ 5/ 9(土) 0:01] マウスふるふる ver.1.14.08β:設定ダイアログに「マウスの揺らし方」を新設し、「揺れが目で見てわかるように揺れ幅を大きくする」を吸収。「1ピクセル分揺らし次のタイミングまでそのまま」(マウス座標を認識して離席等を判定するアプリ向けのモード)を追加。

[2020/ 4/29(水) 20:07] マウスふるふる ver.1.14.07:以下の内容で正式版として公開/設定ダイアログに「次のホットキーを押したときに「一時的に機能オフにする」を切り替える」を追加。また、時刻指定で一時機能オフのON,OFFを切り替えたい場合は、Windowsの「タスク スケジューラ」と本ソフトのコマンドラインを駆使して行える旨の案内を追加/比較的新しいexeファイルが実行できない環境向けに、簡易版の「マウスふるふる PowerShell版」(mousefr.ps1)を付属するようにした。(ダウンロードページに掲載しているスクリプトと同じものです)

[2020/ 4/24(金) 0:00] マウスふるふる ver.1.14.06β:設定ダイアログに「次のホットキーを押したときに「一時的に機能オフにする」を切り替える」を追加。また、時刻指定で一時機能オフのON,OFFを切り替えたい場合は、Windowsの「タスク スケジューラ」と本ソフトのコマンドラインを駆使して行える旨の案内を追加/比較的新しいexeファイルが実行できない環境向けに、簡易版の「マウスふるふる PowerShell版」(mousefr.ps1)を付属するようにした。(ダウンロードページに掲載しているスクリプトと同じものです)

[2020/ 4/18(土) 22:40] NumLockLock ver.1.41.07:設定で監視ON/OFFを切り替えるためのホットキーを指定する際、ファンクションキーとテンキーを指定した場合は修飾キーは不要であってもよいこととしていたが、プログラムを終了して再実行すると、修飾キーとしてAlt+Ctrlが強制的に付与されていたため、ファンクションキーとテンキーを指定した場合は強制付与が発生しないようにした。

[2020/ 4/18(土) 22:40] マウスのお供 ver.1.62.08:設定ダイアログの[ホットキー等]タブでホットキーを設定した時、ファンクションキーとテンキーを指定した場合は修飾キーは不要であってもよいこととしていたが、プログラムを終了して再実行すると、修飾キーとしてAlt+Ctrlが強制的に付与されていたため、ファンクションキーとテンキーを指定した場合は強制付与が発生しないようにした。

[2020/ 4/18(土) 0:03] マウスふるふる ver.1.14.05:以下の内容で正式版として公開/設定ダイアログに「リモート接続の感知警告をオフにする」を追加。リモート接続を検知すると警告のバルーン表示を行う機能を抑止できるようにした。

[2020/ 4/15(水) 12:14] マウスふるふる ver.1.14.04β:設定ダイアログに「リモート接続の感知警告をオフにする」を追加。リモート接続を検知すると警告のバルーン表示を行う機能を抑止できるようにした。

[2020/ 3/24(火) 0:01] キーボードシミュレータ.NET ver.1.46:以下の内容で正式版として公開/くりかえし回数として「無限回くりかえす」を追加/実行中のウィンドウタイトルに、[×]ボタンを押せば強制終了できることを表示するようにした。

[2020/ 3/21(土) 10:30] キーボードシミュレータ.NET ver.1.46β:くりかえし回数として「無限回くりかえす」を追加/実行中のウィンドウタイトルに、[×]ボタンを押せば強制終了できることを表示するようにした。

[2020/ 3/18(水) 0:01] マウスふるふる ver.1.14.03:以下の内容で正式版として公開/キーを瞬間的に押し離しするエミュレーションを行う場合、これまではShiftキーのみとしていたが、よりユーザー操作に影響を及ぼしにくいScroll LockキーかPAUSEキーも選択できるようにした/設定ダイアログに2つ目の「マウスを揺らす時間間隔」を追加。1つ目と2つ目で異なる秒数を指定した場合は、指定秒数間でランダムな時間でマウスが揺れます。

[2020/ 3/15(日) 0:00] マウスふるふる ver.1.14.02β:キーを瞬間的に押し離しするエミュレーションを行う場合、これまではShiftキーのみとしていたが、よりユーザー操作に影響を及ぼしにくいScroll LockキーかPAUSEキーも選択できるようにした。

[2020/ 3/14(土) 0:00] マウスふるふる ver.1.14.01β:設定ダイアログに2つ目の「マウスを揺らす時間間隔」を追加。1つ目と2つ目で異なる秒数を指定した場合は、指定秒数間でランダムな時間でマウスが揺れます。

[2020/ 3/10(火) 19:05] randsleepexec ver.1.01:GUI版に[一時停止]/[再開]、[中止]ボタンを追加。また、GUI版の[?]ボタンを[バージョン情報]ボタンに名前変更。
ソフトウェアの更新履歴2019(さらに過去)

※一部ウイルス対策ソフトのダウンロードブロックやウイルス検知のメッセージはほとんどが誤検知なので、それについてはウイルス対策ソフトメーカーへ問い合わせてください。作者に報告してはいけません。念のための報告もご遠慮下さい。また、悪質転載サイトからダウンロードした場合は、サポート対象外としますので予めご注意願います。


/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2020/2019/2018/2017/2016/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀