Written in Japanese(UTF-8)
2019.7.21
INASOFT


/トップ/マウスふるふる ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ

コマンドラインオプション


MOUSELR互換オプション

本ソフトでは、MOUSELRと同様のコマンドラインオプションを指定できる互換モードがあります。この互換モードでは、指定したコマンドラインを一時的な設定として起動できます。タスクバーの通知領域へのアイコンの表示は行われません。レジストリへの設定の保存も行われません。

mousefr [<時間間隔(ミリ秒単位)> [マウス移動量(ミッキー単位)]]

<> … 省略不可を意味します。 [] … 省略可を意味します。

例:

タスクバーの通知領域へのアイコン表示は行われません。本ソフトを終了するには、本ソフトをもう一度起動(二重起動状態に)した際に表示される終了確認ダイアログを利用して下さい
※1ミッキー = マウスの物理的移動量の1/100インチに相当。

その他のオプション

上記の /P:ON, /P:OFF を使うと、タスクスケジューラを使った自動ON/OFFが構築できます。
また、ショートカットキー付きのリンクの作成と組み合わせることで、特定のキーを押すと特定の状態へ遷移させることができるようになります。


ポータブルモード

ポータブルモードで起動すると、設定をカレントフォルダのmousefr.iniで読み書きするようになります。本ソフトをUSBメモリ等で持ち歩きたい場合に便利です。
ポータブルモードで起動するには、次のどちらかの手段を使います。


ショートカットキー付きのリンクの作成

本プログラムへのショートカット(リンク)をデスクトップまたはスタートメニュー配下のフォルダに作成し、プロパティからコマンドラインオプションを付加し、任意のショートカットキーを割り振ることで、そのキーを押すと特定の機能を実行する状態を作り出せます。簡易手順を下記に示します。

  1. マウスの右ボタン(マウスの左右を入れ替えている場合は左)で、プログラムファイルをデスクトップまたはスタートメニュー配下のフォルダにドラッグ&ドロップします。
    ショートカットキー付きのリンクの作り方1

  2. ドロップすると、メニューが表示されるので、「ショートカットをここに作成」を選びます。
    ショートカットキー付きのリンクの作り方2

  3. ショートカット(リンク)が作成されたら、そこを右クリックして「プロパティ」を選びます。
    ショートカットキー付きのリンクの作り方3

  4. 「リンク先」の最後に、「スペース+コマンドラインオプション」を追加します。また、「ショートカットキー」の入力欄をクリックし、ショートカットキーに登録したいキーを押します。例えば、[P]キーを押すと、Ctrl+Alt+Pが登録されます。最後に、[OK]ボタンを押して、ダイアログを閉じます。
    ショートカットキー付きのリンクの作り方4

上記の入力例だと、キーボードのCtrl+Alt+Pを押すことで、/Pオプション付きで実行したときの効果を得られます。

なお、Windows 10でショートカットキーによるプログラムの起動が遅い場合は、Windowsサービスの「Superfetch」または「SysMain」を「無効」にすると、起動速度が改善するという情報があります。
(上記リンクはインターネットサイトへ移動します)




 目次へ
※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/マウスふるふる ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ