Written in Japanese(UTF-8)
2017.4.8
INASOFT


/トップ/マウスふるふる ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ

コマンドライン版について


mlrepc.exe を使うと、本ソフトをコマンドラインにて利用できます。

指定方法

コマンドライン書式
mlrepc [options] {</e:置換前文字列 | /e@置換前文字列記述ファイル> </a:置換後文字列 | /a@置換後文字列記述ファイル> | </m@さらに指定XML>} [/d:対象フォルダ名のフルパス] </n:対象ファイル名>
optionsに指定できるオプション
/Sサブフォルダも検索する
/KB置換前ファイルを 〜.bak という名前で待避する
/KC:待避先フォルダ置換前ファイルを待避先フォルダへ待避する
/R置換前文字列の指定に正規表現を利用する
/I/R利用時に、英大小文字を区別しない
/G/R利用時に、単一行モードとして動作する
/M/R利用時に、複数行モードとして動作する
/Uファイルの文字コードを自動判別する(誤判断があり得るのでバックアップ取得を奨励します)
/O:文字コード/Uを利用しない場合、あるいは/Uで判断不可となった場合の採用される文字コード
/F:文字コード置換前文字列記述ファイルおよび置換後文字列記述ファイルの文字コード。省略するとUTF-8を仮定します
/Tタイムスタンプを維持する
対象ファイル名の指定について
GUI版と異なり、カンマ区切りなどにより複数指定はありません。本コマンドラインを複数回実行することを想定しています。
文字コードの指定について
次のいずれかを指定できます…sjis, euc, jis, utf7, utf8, utf8n, utf16, utf16n, utf16be, utf16ben, utf32, utf32n, utf32be, utf32ben, ebcdic, 任意のコードページ(数値で指定)

注意事項



 目次へ

※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/マウスふるふる ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ