Written in Japanese(UTF-8)
2015.11.25
INASOFT


/トップ/F1ブレイカー ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ

更新履歴



●最近の更新履歴です[下から上に向かって新しくなっていきます]

[2005/ 6/19] 1.21
 ・一部環境において、ブロック対象としないプログラムファイル名の指定の2つめ以降が無効になることがあった不具合を修正。
 ・Windows NT 4.0において、ブロック対象としないプログラムファイル名の指定が無効になっていた問題を修正。

(Windows NT 4.0でPSAPI.DLLが使用される際、PSAPI.DLLを呼び出すF1BREAK.DLLはあらゆるプロセスから実行される可能性があり、カレントフォルダの位置もプロセスごとに変化する。そのため、PSAPI.DLLがF1BERAK.EXEと同じフォルダにあった場合に、PSAPI.DLLが探せなくなることがあった。そこで、PSAPI.DLLがF1BERAK.EXEと同じフォルダにあった場合は、PSAPI.DLLの位置をフルパスで指定するようにした)

[2005/ 6/13] 1.20
 ・設定ウィンドウが表示されていないときでも、Alt+TABを押したときに白いアイコンが表示されてしまっていたので修正。
 ・正式版に格上げ。

[2005/ 6/ 9] 1.11β
 ・「設定」でブロック対象としないプログラムファイル名を指定できるようにした。

[2005/ 6/ 5] 1.10β
 ・「設定」に、Shiftキーなどの修飾キーと合わせたときのブロック設定を追加。

[2005/ 6/ 3] 1.00
 ・正式版として公開。
 ・Windows XPのビジュアルスタイルに対応。

[2005/ 5/28] 0.90β
 ・バージョン情報ダイアログ、環境情報の表示、ヘルプを追加。

[2005/ 5/27] 0.80β
 ・タスクトレイアイコンの右クリックメニューに「設定」を追加。
 ・タスクバーの再起動が起きたとき、タスクトレイアイコンを自動で再登録するようにした。

[2005/ 5/23] 0.70β
 ・アイコンをクリックしたときのメニューで、ショートカットキーがきかなくなっていたので修正。また、メニューをうまくキャンセルすることができなかったので修正。
 ・キーのブロックが行われた場合、音とアイコンの変化で知らせるようにした。
 ・設定ファイルへの記述を増やした。

[2005/ 5/21] 0.50β
 ・初公開。


 目次へ

※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/F1ブレイカー ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ