Written in Japanese(Shift-JIS)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


発見されている不具合について



Windows 7で「自動フォルダ・タイプの固定化」を使うとVirtual PCに仮想マシンの作成ができなくなる


Windows 7でいじくるつくーるの機能項目「エクスプローラ」の中にある「自動フォルダ・タイプの固定化」を使うと、Virtual PCに仮想マシンの作成ができなくなるようです。ここでは作者の元で発生した現象と、その解決策を記述します。「仮想マシンの作成」ができなくなる原因は複数あると考えられており、すべてが下記に示す方法で解決するかどうかは分かりません。


Windows 7のVirtual PCで「仮想マシンの作成」を行うには、スタートメニューのVirtual PCの「仮想マシンの管理」を開きます。下の写真では「仮想マシンの管理」を選択することとなっていますが、実際には「Microsoft Virtual PC」を選択したり、エクスプローラでユーザー名のフォルダの直下にある「仮想マシン」フォルダを開いたり、実体のフォルダ(デフォルトの場合:「C:\Users\(ユーザー名)\Virtual Machines」)を開くのでも構いません。

スタートメニューのVirtual PCの「仮想マシンの管理」から仮想マシンの作成ができるはず

ここで、エクスプローラ上部「仮想マシンの作成」ボタンが現れるはずなのですが………、現れません。

エクスプローラ上部に「仮想マシンの作成」ボタンが表示されない

このボタンは、エクスプローラがフォルダの内容を見て自動的にフォルダ・タイプを判断する機能と連動しています。ところが、いじくるつくーるの機能項目「エクスプローラ」の中にある「自動フォルダ・タイプの固定化」によりフォルダ・タイプが固定化されていると、このボタンを表示するための判断までもが固定化されてしまい、結果としてVirtual PCの「仮想マシンの作成」ボタンも表示されなくなってしまうようなのです。

「仮想マシンの作成」ボタンを表示するには、「自動フォルダ・タイプの固定化」を解除しなければなりません。

(1)いじくるつくーるの機能項目「エクスプローラ」内の「自動フォルダ・タイプの固定化」を「固定化しない(デフォルト)」に戻します。ここでコンピュータの再起動が要求されるので、再起動します。
いじくるつくーるの機能項目「エクスプローラ」内の「自動フォルダ・タイプの固定化」をデフォルトに戻す

(2)エクスプローラで仮想マシンのフォルダを開いた状態で「ツール」メニューの「フォルダー オプション」を開きます。
フォルダー オプションを開く

(3)「フォルダー オプション」ダイアログが開いたら「表示」タブを開き、「フォルダーをリセット」ボタンを押下します。
[表示]タブの「フォルダーをリセット」ボタンを押下

(4)仮想マシンフォルダに「仮想マシンの作成」ボタンが追加されます。うまくいかない場合は他のフォルダを開いた後に仮想マシンフォルダを開いたり、エクスプローラを再起動したり、コンピュータを再起動してみると良いかもしれません。あるいは、実体のフォルダ(デフォルトの場合:「C:\Users\(ユーザー名)\Virtual Machines」)を開いてみてください。
「仮想マシンの作成」ボタンが追加される



 戻る

※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/