Written in Japanese(UTF-8)
2022. 7.31
INASOFT

/トップ/目次/管理人のひとこと/疑似シリーズ&INASOFT 25周年企画

2890277 (+0025)[+0400]

管理人のふたこと

疑似シリーズ&INASOFT 25周年企画



公開日:2022/ 6/26
最終更新日:【目次】参照
【目次】

■企画概要

疑似シリーズとは

疑似シリーズは、INASOFTで製作しているジョークソフトで、元々は、製作者たちが1997年に、高校在籍中に文化祭の出し物の中に「屋根裏」として忍ばせた作品群でした。

この高校文化祭のノリは翌1998年、浪人生(予備校生)として過ごした期間も続き、1999年に大学に入学しても続き、社会人になっても続きました。

この度、その「高校文化祭のノリ」が25年経過し、アニバーサリーイヤーを迎えました。「INASOFT」の名前は、最初に疑似シリーズ内でクレジットされたものとなりますので、INASOFT自体も生誕25周年となります。

一方で、25年の間にPC環境もどんどんと変わっていきました。

  1. NEC PC98シリーズ上のMS-DOS用
  2. 16bitのMS-DOS用
  3. Windows 95/98用
  4. Windows 95~XP用 (タスクバー上のスタートボタンがボタンコントロールとして配置されて、外部から操作可能である環境)
  5. Windows XP~11用

上記の内、1~4に該当する作品は、現在の環境では動作できないことになります。過去の環境を掘り起こすか、エミュレータを準備しなければなりません。

そこで、今のうちに、紹介を兼ねて、過去の疑似シリーズの動きを動画として残しておくと共に、1990年代末期の疑似シリーズにまつわるいくつかの出来事(初の雑誌掲載や、チェーンメール化騒動)をまとめておこうと考えました。



■紹介動画コンテンツ




本ページへは、自己責任の範囲内であれば自由にリンクしていただいて構いません。
本ページに掲載されている内容は、自由にお使いいただいて構いませんが、必ずしも筆者が内容を保証するものではありませんので、ご利用に際しては自己の責任においてお使いいただきますよう、お願いいたします。
このページのURLやアンカーは、サーバ運営・サイト運営・ページ運営・その他の都合により無告知で一時的あるいは永遠に消滅したり、変更したりする可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。
本ページは、公開から1年半経過後の任意のタイミングで削除される予定です。本ページの内容は複製・公開していただいて構いません。


/トップ/目次/管理人のひとこと/疑似シリーズ&INASOFT 25周年企画