Written in Japanese(UTF-8)
2021.4.15
INASOFT


/トップ/マウスふるふる ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ

マウス操作はタッチ操作に取って代わられるのか?

2010年代あたりに、画面をタッチして操作できることをウリにしたWindows PCが登場しました。

タブレットPCモドキ
▲筆者はタブレット+ノートの2in1PCを所持していないため、タブレット端末からPCへリモートデスクトップ接続してキーボードを付けてそれっぽくしてみたもの

画面をタッチできることでタブレットPC的な操作もでき、USB接続でマウスを繋げばPC的な操作もできるというもの。

仕事場などでも、部署によってはそういったタイプのPCが配布されたと聞きます。「営業部署では配られたらしい」「マウスは配布されないので、キーボードを叩いて画面をタッチ、キーボードを叩いて画面をタッチ、…というスタイルで仕事をしているらしい」と。

このソフトは、ある意味、マウスが存在していることを前提に作られており(例外としてキーボード操作をエミュレーションするモードもありますが、ここではさておき)、マウスがなくなって、画面タッチ操作が当然となる時代が来るならば、それに向けた対応も考えていかなければなりません。

しかしその後、仕事場の自分の部署で、そういったタイプのPCが配布されることはありませんでした。

テレビCMでも、「タブレットPCとしても使える」「ノートPCとしても使える」という 2in1 的なことをウリにしたCMは見かけなくなった気がします。それよりは、軽量かつバッテリー容量の大きいことを売りにした「ノートPC」であるとか、ゲームがバリバリ遊べるタフなノートPCみたいな売りにしているとか。

やはり、2in1 PCは、立ち位置的に微妙なんでしょうかね。おそらく、画面にタッチセンサーを設け、かつ、キーボードがいつでも使えて、使わないときは邪魔にならないようにするギミックがあって…みたいなことを考えていくと、全体的に重量感が増してきます。さらに、その分メモリやストレージ容量を減らすと、ノートPCとしての通常利用に支障が出ます。

イマドキのPCとしては、メモリ4GBとか、ストレージが e.MMC の32GBとか64GBとかでは、ノートPCとしての通常利用に支障が出ます。

少し前の時代のWindows 10ならインストールできたかもしれませんが、今のWindows 10の最新アップデートは入りません。最悪の場合、アップデート動作と解除を6時間おきに繰り返すループ状態にハマりかねません。

結局、タブレットPCならば手軽さ・持ち運びやすさを優先するし、パソコンならばもっとパワフルであってほしいし、2in1パソコンって、ガッツリ金を書けない限りは、どっちつかずの中途半端な存在になってしまうのかな、と思いました。

そういえば、保険屋さんが持ってきていた2in1端末は、パソコンとしても使えて、ペンでサインを書くこともできるタブレット型にも返信して、非常に良い使い方ができているなと思ったのですが、さすがにあれはお高いんでしょうね。


 目次へ
※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/マウスふるふる ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ