Written in Japanese(UTF-8)
2014.8.30
INASOFT


/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/


レジストリキー/エントリの資料



■起動時に実行

 このページには、いじくるツールの編集項目「起動時に実行」が扱っているレジストリキーとレジストリエントリについて解説しています。

 この資料は、「いじくるツール」(ver.6)時代に書かれたものなので、現在の設定項目と一致しなかったり、内容が古かったりすることがあります。あらかじめご了承下さい。




 「起動時に実行」は、Windowsが起動時に自動的に実行するプログラムを指定します。
 (他にも、Autoexec.batや、スタートメニューのスタートアップなど、指定できる場所はいくつかありますが、ここではレジストリと、Win.iniのみ扱います)

 ●起動時に毎回実行(全ユーザー)

   HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\run

  この下に、REG_SZの値を作ると、値のデータをコマンドラインとして、Windows起動時に自動的にプログラムが起動されます。値の名前は任意です。なお、起動のタイミングは、シェル起動の直前です。すべてのコマンドラインは、非同期的に実行されます。


 ●一度だけ起動時に実行(全ユーザー)

   HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce

  この下に、REG_SZの値を作ると、値のデータをコマンドラインとして、Windows起動時に自動的にプログラムが起動されます。値の名前は任意です。起動されると、その値はその場で削除されます。つまり、一回きりの自動実行です。
  主にアプリケーションのインストールの後処理に使われることが多く、値が2つ以上存在する場合、Windowsのセットアップダイアログ(たいこ)が表示されます。
  起動のタイミングは、シェル起動の直前(毎回実行より前)です。すべてのコマンドラインは、前のコマンドラインの終了を待って、順番に実行されます。


 ●一度だけ起動時に実行2(全ユーザー) [Windows 95/NT 4.0では利用不可]

   HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnceEx

  一度だけの起動時に実行を行います。RunOnceとの違いは、起動のタイミングを調節できることですが、この構造は少し複雑です。

 ・Title … セットアップダイアログのタイトル
 ・Flags … 動作を指定します。bit2(0x04):シェルはOLEコマンドが受理できるかどうか確認する/bit3(0x08):エラーダイアログを表示しない/bit4(0x10):エラーログ(RunOnceEx.err)を生成する/bit5(0x20):実行ログ(RunOnceEx.log)を生成する/bit6(0x40):DLLを登録する場合に例外を検知しない/bit7(0x80):状態ダイアログを表示しない

  この下に、サブキーを作ります。
  サブキーは 0001, 0002, … という名前で規則的に作るのが一般的で、この順序で実行が行われます。
  サブキー 0001, 0002, … の下には、RunOnceExと同様に、実行したいコマンドラインを指定するのですが、指定の方法はちょっと複雑です。次のどちらかを使います。

" DllFileName | FunctionName | CommandLineArguements "

または

"|| command parameters "

   なお、値の名前は任意です。

  サブキーに付ける名前として Depend とすると、dllまたはocxと各サブキー内のコマンドとの依存関係を表すことになります。

  依存関係は、値の名前をサブキー名にして、値のデータをdllまたはocxにします。


 ●起動時に毎回実行(個人用設定)

   HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\run

  ログオン後に自動的に起動するコマンドラインを指定できます。
  値の名前は任意で、値のデータがコマンドラインになります。
  実行のタイミングは、シェル起動直後です。


 ●一度だけ起動時に実行(個人用設定)

   HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunOnce

  ログオン後に自動的に起動するコマンドラインを指定できます。
  値の名前は任意で、値のデータがコマンドラインになります。
  実行のタイミングは、シェル起動直後です。実行後に、値は自動的に削除されます。


 ●サービスの実行(すべてのユーザー) [Windows 95/98/Meのみ]

   HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServices

  ログオン前に自動的に起動するコマンドラインを指定できます。
  値の名前は任意で、値のデータがコマンドラインになります。


 ●一度だけサービスの実行(すべてのユーザー) [Windows 95/98/Meのみ]

   HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServicesOnce

  ログオン前に自動的に起動するコマンドラインを指定できます。
  値の名前は任意で、値のデータがコマンドラインになります。
  実行後に、値は自動的に削除されます。


 ●Win.iniのloadとrun [Windows 3.0/3.1/95/98/Me] (Windows 3.0未満のバージョンについては未調査)

  Windows 3.1時代の名残です。
  Windowsフォルダ内のWin.iniの[windows]セクションにloadまたはrunというキーを作り、値にプログラムファイル名を指定すると、それを自動実行します。
  複数のプログラムファイルを指定したい場合は;(セミコロン)で区切ります。
  loadで指定されたプログラムは最小化状態で起動し、runで指定されたプログラムは通常のウィンドウサイズで起動します。

 ちなみに、「スタートアップ」が設置されたのはWindows 3.1以降ですので、Windows 3.0から動作可能なWin16プログラムを自動起動したい場合は、このキーに作成することになります。


 戻る


※このページは、ソフトウェアに付属のヘルプファイルをWeb用に再構築したものです。大部分に自動変換を施しているため、一部は正しく変換しきれずに表示の乱れている箇所があるかもしれませんが、ご容赦下さい。また、本ドキュメントはアーカイブドキュメントであり、内容は、右上の作成日付の時点のものとなっております。一部、内容が古くなっている箇所があるかと思いますが、あらかじめご了承下さい。
※このページへは、自由にリンクしていただいてかまいません。

■このページに関するご意見をお待ちしております → フィードバックページ

/トップ/いじくるつくーる/ダウンロード/WebHelp/ヘルプトップ/