Written in Japanese(Shift-JIS)
2011. 3. 2
INASOFT
/トップ/目次/管理人のひとこと(ブログ)/900万アクセス記念の振り返り

2091073 (+0258)[+0192]

管理人のふたこと Tweet

900万アクセス記念の振り返り


公開日:2011/ 3/ 2 (本当は900万アクセスを迎えた瞬間に公開しているはずだったのですが、手違いにより―――っていうかすっかり忘れていて公開していませんでした。慌てて公開します。文章は瞬間公開だったという前提でお読み下さいませ)


本日はINASOFT 900万アクセス記念企画ということで、「振り返り」をしてみることにしました。

INASOFT 900万ヒットバナー(楓・横)

今日は色んなところで色んな「振り返り」をしておりますが、ここではフリーソフトの配布というところに観点を置いて、振り返ってみたいと思います。

フリーソフトは作って配布するモノ………そんな勝手な考えが、僕の中にはありました。

フリーソフトというものを初めて意識したのは、小学校5年か6年くらいのときだったと思います。当時はまだ珍しかった、パソコンを親に買い与えられた(というか、あれは家の持ち物ですね)ことに始まります。

当時はまだ、一家に一台のPCが置かれるような時代ではなく、かなり先進的な感覚を持ってPCに接していたと思います。

そんな僕の家に、どうしてPC画置かれるようになったかというと、

と、そんな感じ。そんなこんなで、パソコンを手に入れることになったわけです。

さてさて、パソコンを手に入れてから数ヶ月。パソコンというのは、当時は「ソフト無ければタダの箱」と言われていたくらい、ソフトウェアが不足していた時代でした。「無ければ自分で作れ」とばかりに、PCには「N88 DISK BASIC」が付属しており、それを使ってプログラミングをしていたわけです。

で、当時からパソコン雑誌というものが売られており、それを買ってこよう、ということになりました。手に取ったのは「I/O」(工学社)という雑誌です。

この雑誌には、付録としてフロッピーディスク(当時は5.25インチ)が付属しており、その中に、様々なゲームやお役立ちソフトなどが入っていました。フリーソフトやシェアウェアです。

当時、僕の家にあったパソコン用ゲームと言えば、その雑誌で手に入るようなものしかありませんでしたから、「ああ、こういうのって面白いな」と自然と思いました。

そして自然と、「そうだ、僕の目標は、こういう雑誌に自分のソフトを載せることだ」と思うようになり、だんだんと大きく成長していきます。

夢が果たせたのは、たしか、大学入試に失敗した、浪人中のことだったと思います。

「DOS/V POWER REPORT」という雑誌に、当時、「のえるねっと」と「東京BBS」(どちらもパソコン通信)で配布していたフリーソフト、「疑似シリーズ」を載せてもらうことになったのです。当時は飛び上がるほど喜びました。

その後、ツール系のソフトも製作するようになって、それが「DOS/V POWER REPORT」「CYBER GLOBE」「テックウィン」等様々な雑誌に載るようになりました。夢が実現していって、うれしかったですね。

現在、インターネットの発達により、パソコン雑誌にフリーソフトが付属されることは、ほとんどなくなってしまいましたが、フリーソフトの転載の喜びというのは、そういったことを出発点にして、僕の心に染みついているような気がします。

ああ、まだ書き足りないけど、今日はここら辺で。





本ページへは、自己責任の範囲内であれば自由にリンクしていただいて構いません。
本ページに掲載されている内容は、自由にお使いいただいて構いませんが、必ずしも筆者が内容を保証するものではありませんので、ご利用に際しては自己の責任においてお使いいただきますよう、お願いいたします。
このページのURLやアンカーは、サーバ運営・サイト運営・ページ運営・その他の都合により無告知で一時的あるいは永遠に消滅したり、変更したりする可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。
本ページは、公開から1年半経過後の任意のタイミングで削除される予定です。本ページの内容は複製・公開していただいて構いません。


/トップ/目次//管理人のひとこと(ブログ)/900万アクセス記念の振り返り