Written in Japanese(UTF-8)
2005. 2.27
INASOFT
/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀




ソフトウェアの更新履歴2004

2005年の更新履歴


[Valid RSS]
RSS 本ページのRSS配信を行っています。

★★ 当サイトでは、初心者への優遇を行っておりません ★★

詳細は当サイトにおける初心者の取り扱いについてをご覧下さい。


[2004/12/21] いじくるつくーる ver.7.30.05:メインウィンドウの「ソース表示」で、ソースを読み込む際に、ファイルサイズよりも大きいメモリ確保を行っているにもかかわらず内容の初期化を行っていなかったため、後ろの方にゴミが表示されていた不具合を修正/直前のバージョンの最終修正で、「137GBを越えるHDDを利用可能にする」が、Windows 2000で使えなくなっていたので修正/「Windowsの深い部分の設定」(deepwin.rsc)で、AlwaysUnloadDLLの設定方法について、キーであるという説とDWORD値であるという説が錯綜しているため、そのどちらも設定を行うようにした/「Windowsの深い部分の設定」(deepwin.rsc)に「プログラム起動用メモリを解放する」を追加/「コマンドプロンプトの設定」の「コマンドプロンプトで3文字を越える拡張子を認識させる」を、「Windows NT系設定」(winnt.rsc)に「コマンドプロンプト等で4文字以上の拡張子を正しく扱えるように配慮したショートファイル名生成を行う」として移動させた/「固有アイコンの設定」(ownicon.rsc)に、cpl(コントロールパネルアプレット)のアイコン設定を追加した/新機能項目「スタートアップレジストリ監視/削除」(bootrund.rsc)を追加。

[2004/12/12] いじくるつくーる ver.7.30.04:正式版として公開。

[2004/12/11(2)] すっきり!! デフラグ ver.4.55.07:ノーマルモードの「デフラグ設定」で、「最終回のデフラグのみGUI版を利用する」が、デフラグを3回以上にしていたい場合にしか有効になっていなかったので修正。

[2004/12/11] すっきり!! デフラグ ver.4.55.06:正式版として公開。

[2004/12/ 8(2)] いじくるつくーる ver.7.30.02β:(R-Script)StartCheckBoxList()にフラグオプションを付けた/EndCheckBoxList()の引数情報が誤っていたので修正。

[2004/12/ 8] いじくるつくーる ver.7.30.02β/すっきり!! デフラグ ver.4.55.05β:直前のβ版よりリストビューに与えていた拡張スタイルの問題で、Windows XP未満の環境で、アイコンに乱れが生じていたので修正/共有ライブラリの更新。

[2004/12/ 5(2)] いじくるつくーる ver.7.30.01β:メインウィンドウのカテゴリ表示のツリービューを表示/隠蔽を行うたびに、ハンドルリークが発生していたのを修正/StartCheckBoxList()で作成されるチェックボックスリストのチェックボックス部分を、右に16ピクセル分ずらした/チェックボックスリストで、スペースキーを押すと、選択中の項目のチェック状態が変わるようにした/チェックボックスリストにコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を設けた(チェック状態変更、すべてチェック、すべてチェック解除、すべて半チェック)。「システムの禁止設定(全/個人)」(syspol/2.rsc)で、これらに該当するボタンは削除した。

[2004/12/ 5] すっきり!! デフラグ ver.4.55.04β:デフラグの所要時間と、Windows XPのコンソール版デフラグで選択可能な「プリフェッチログに基づく起動最適化のみ」の所要時間を、分けて表示するようにした。

[2004/12/ 5] いじくるつくーる ver.7.30.00α:「システムの禁止設定(全/個人)」(syspol/2.rsc)、「ドライブを隠す」(hiddrive.rsc)のチェックボックスを、リストビューを利用したインタフェースに変更/(R-Script)上記変更を実装するために、関数 StartCheckBoxList(), EndCheckBoxList() を追加。

[2004/11/30] ListView to CSV ver.1.31.05:正式版として公開。

[2004/11/30] すっきり!! デフラグ ver.4.55.03:正式版として公開。

[2004/11/26] すっきり!! デフラグ ver.4.55.02β:ノーマルモードの「デフラグ設定」で、「コンソール版ではなくGUI版を使う」がチェックされていて、「最終回のデフラグのみGUI版を利用する」がチェックされていないと、「…プリフェッチ・ログに基づく起動最適化のみを…」がグレイアウトするようにした。また、「コンソール版ではなくGUI版を使う」がチェックされていて、デフラグが2回以上実行される場合に、「最終回のデフラグのみGUI版を利用する」が有効になるようにした。
[2004/11/26] すっきり!! デフラグ ver.4.55.01β:ノーマルモードの「デフラグ設定」に「最終回のデフラグのみGUI版を利用する」を追加。ディスク状態確認用の項目であるため、これを利用した場合に限り、「マウスやキーボードに触れないでください」の警告ウィンドウは表示されません/ノーマルモードの「さらに詳細な設定」に「『キーやマウスにふれないで』のウィンドウを右下に移動」を追加。

[2004/11/26] ListView to CSV ver.1.31.04β:ファイル一覧作成に「フォルダのみを抽出対象とする」を追加/出力情報の種類に {%g},{%cg},{%c},{%,},{%{} を追加。

[2004/11/23(2)] ListView to CSV ver.1.31.03β:ファイル一覧の作成中に、処理中のフォルダ名を表示するようにした。また、処理中フォルダが変わるタイミングで、OSからの画面再描画のメッセージが来た場合は、それを処理するようにした。

[2004/11/23] ListView to CSV ver.1.31.02β:メインウィンドウのハンドル番号一覧の左にアイコンを付けた/「アプリケーションを指定して開く」で、コマンドラインを入力しない状態で[OK]を押したときに、エラーメッセージを表示するものの、ウィンドウが閉じてしまっていたので修正/メインウィンドウのハンドル番号一覧の一番最後に、「ファイル一覧」を追加。ファイル/フォルダ一覧を出力できるようにした。

[2004/11/19] ListView to CSV ver.1.31.01β:メインウィンドウで、何も選択していないときに、リストビュー用のチェックボックスが表示されてしまっていたのを修正/ツリービュー用のチェックボックスに「テキスト記号を使って階層を図示する」を追加。

[2004/11/19] いじくるつくーる ver.7.28.03:正式版として公開。

[2004/11/15] いじくるつくーる ver.7.28.02β:スクリプトファイルのプロパティ表示にファイル属性の欄を追加/ナビゲータ表示時、選択中の編集項目がヘルプを持たないか、動的生成(Dynamic)だった場合に、ナビゲータのタスク欄に「プロパティ」を出すようにした。

[2004/11/14] いじくるつくーる ver.7.28.01β:「システムの禁止設定(個人)」(syspol.rsc)に、【Windows Update】Windows Updateページへのアクセスを制限する(2000/XP)、【プログラムの追加と削除】「更新プログラムの表示」フィルタを表示しない(WinXP SP2以降)を追加/「システムポリシー(全体)」(syspol2.rsc)に、【Windows Update】Windowsの自動更新機能を強制的に無効にする(2000/XP)、【プログラムの追加と削除】「更新プログラムの表示」フィルタを表示しない(WinXP SP2以降)を追加/Windows NTカテゴリに「セキュリティセンターの設定」(winntxpsec.rsc)を追加(Windows XP SP2以降専用)。

[2004/11/13] ListView to CSV ver.1.30.07:アプリケーションを指定して開くで、コンボボックスの幅を超えるコマンドライン文字列を入力できない状態になっていたので、入力できるようにした。

[2004/11/ 9] ListView to CSV ver.1.30.06:正式版として公開。

[2004/11/ 7] すっきり!! デフラグ ver.4.54.09:すっきり実行中に「任意のプログラムを実行」ダイアログからプログラムが実行される際、1023バイトより大きい長さのコマンドラインを入力されると、1024バイト目より後ろが有効ではなくなっていたので修正/すっきり実行中は、サスペンドモード等への移行を拒否するようにした(バッテリー切れ・電源供給断・ノートパソコンの蓋を閉じる等の強制的な移行の場合は、それに従う)/すっきり実行の方法のサービスの停止(WinNT系)の右クリックメニューに、「すべてOFF」を追加。

[2004/11/ 7] ListView to CSV ver.1.30.05β:アプリケーションを指定して開くのヘルプ記事中で、古い解説になっていた部分があったので、新しくした/アプリケーションを指定して開くで、エクスプローラ等からファイルを1つ、ドラッグ&ドロップできるようにした。

[2004/11/ 4] ListView to CSV ver.1.30.04β:アプリケーションを指定して開くで、過去に記録されたコマンドラインを読み込む際、文字列全体がダブルコーテーションかシングルコーテーションで囲まれている状態になっていると、それらが取り除かれてしまっていたのを修正/アプリケーションを指定して開くで、TXTファイルまたはCSVファイルに関連づけられているアプリケーションは簡単に選べるようにした/ダイアログ上のすべての設定内容を、INIファイルへ保存するようにした/リストビューを出力時の、行指定・列指定で、複雑な条件を指定できるようにした。

[2004/11/ 3] ListView to CSV ver.1.30.03:正式版として公開。

[2004/11/ 2] いじくるつくーる ver.7.27.09:正式版として公開。

[2004/11/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.54.08:正式版として公開。

[2004/10/31(2)] ListView to CSV ver.1.30.02β:出力方法に「開く」を追加。任意のアプリケーションを使って、出力結果のCSVファイル(一時ファイル)を開く/ダイアログ上のいくつかの設定内容を、INIファイルへ保存するようにした。

[2004/10/31] ListView to CSV ver.1.30.01β:リストビューの出力時に、特定の行・列のみを出力できるようにした/ツリービューの出力時に、階層を下るごとに右へずらして出力できるようにした。つまり、タブ区切りの時は項目の左側にタブ、カンマ区切りの時は、項目の左側にカンマが、それぞれ階層の数だけ出力される/ツリービュー、リストボックス、コンボボックスからのデータ取得時に、タブ区切りのチェックが行われていないときは、項目をダブルコーテーションで囲って出力するようにした。

[2004/10/28] すっきり!! デフラグ ver.4.54.07β:復元ポイントの作成をWindows Meに対応させた。また、復元ポイントの作成にあたり、Makerpxp.jsを不要とし、復元ポイント作成失敗時のメッセージを詳細にした。

[2004/10/20] ListView to CSV ver.1.20.03:正式版として公開。

[2004/10/20] いじくるつくーる ver.7.27.08:Windows XPの復元ポイント作成の際、JScriptのファイル拡張子.jsに関する設定(関連づけ等のレジストリ設定)が壊れている環境でも、正しく動作開始できるようにした/ライセンス既定の一部が古いままの記載となっていたので修正。

[2004/10/20] すっきり!! デフラグ ver.4.54.06:indows XPの復元ポイント作成の際、JScriptのファイル拡張子.jsに関する設定(関連づけ等のレジストリ設定)が壊れている環境でも、正しく動作開始できるようにした。

[2004/10/17] ListView to CSV ver.1.20.02β:ツリービューからのデータ抽出を行う際、対象ツリービューの中に、子要素を持ち、かつ、兄弟要素の無いアイテムが存在していると、そのアイテムより後のデータの抽出ができていなかったバグを修正。

[2004/ 9/23(3)] すっきり!! デフラグ ver.4.54.05:正式版として公開/ノーマルモードの「ツール」メニューから、復元ポイントを作れるようにした/Windows NTでシェル入れ替えを行う際、サービスの停止選択ができなくなっていたので修正/サービスの停止選択ダイアログのサイズを可変にした。

[2004/ 9/23(2)] いじくるつくーる ver.7.27.07:共有ライブラリの更新/編集ダイアログの縦サイズを、リサイズ途中の段階で、最大の縦サイズより大きくならないようにした/メインウィンドウの「ツール」メニューに、Windows XP用の復元ポイント作成機能を追加。

[2004/ 9/23] ListView to CSV ver.1.20.01β:メインダイアログをサイズ変更可にした/共有ライブラリの更新。

[2004/ 9/19(2)] すっきり!! デフラグ ver.4.54.04β:Windows 2000/XPで標準のデフラグを実行したとき、1回目のデフラグの所要時間を記録するようにした。記録した時間は、ドライブ選択の際のドライブ名の上にマウスを乗せておくことで見ることができる/ドライブにマウスを乗せておいたときに表示される情報が増加してきたため、表示順を「[ディスク種別→[空き容量→]]→デフラグ経過日数→スキャンディスク/チェックディスク経過日数」に並べ替えた。

[2004/ 9/19] すっきり!! デフラグ ver.4.54.03β:ノーマルモードの「詳細設定」に「最近使ったファイルのクリア」を追加/ノーマルモードの「さらに詳細な設定」に、Windows Meのレジストリ最適化における「質問ダイアログ表示待ち時間」を追加/Ls.exe内部コマンドの解説において、$DelDirの解説が誤っていたので修正。

[2004/ 9/18] すっきり!! デフラグ ver.4.54.02β:AVGウィザードモードにおいてウィンドウサイズを変更していたとき、標準のウィザードモードに戻したときに、ウィンドウサイズが元に戻っていなかったので修正。

[2004/ 9/12] すっきり!! デフラグ ver.4.54.01β:ノーマルモードの「詳細設定」に、すっきり実行開始直前に、Win9xではレジストリバックアップを、WinXPで、復元ポイントを作成する機能を追加/カスタマイズされたスキャンディスクを実行したときに、開始と終了ログが正しく取れていなかったので修正/ノーマルモードの「履歴」に、デフラグ等にかかった経過時間を残すようにした/設定のエクスポートを行う際、デフラグ・スキャンディスク等の経過日数をエクスポートしないようにした。

[2004/ 9/10] すっきり!! デフラグ ver.4.53.03:正式版として公開。

[2004/ 9/ 6] すっきり!! デフラグ ver.4.53.02β:一部の表示メッセージが間違っていたので修正/ノーマルモード・ウィザードモードのドライブ名選択の際、ドライブ名を右クリックしたときに、前回のデフラグ・スキャンディスク/チェックディスクからの経過日時と空容量を表示するようにした(ツールヒントとしての表示にも、従来の経過日時に加え、空容量の表示が追加されています)/環境情報の表示で、参考元資料の誤記により、Intel CPUの拡張機能フラグの意味が誤っていたので修正。
[2004/ 9/ 4] すっきり!! デフラグ ver.4.53.01β:「自動ログオン」ダイアログを、設定のプロパティシートに統合/ノーマルモードの「設定」メニューに「いくつかの機能を呼び出すボタンを設置」項目を追加。このメニュー項目をチェック状態にすることで、従来のバージョンどおりに、ダイアログ上にボタンが配置されます(ヒントバーは隠されます)。
[2004/ 9/ 3] すっきり!! デフラグ ver.4.52.05:共有ライブラリの更新/Windows NT系OSで、「トラブル解決ツール」において、「自動ログオンを解除する」ボタンを設置した。

[2004/ 9/ 1] 疑似スクリーンセーバー リローデット ver.2.00:疑似スクリーンセーバーがパワーアップして帰ってまいりました。あなたの手でスクリーンを守って下さい。たかがジョークソフトなのにBGM付き(Ogg形式)だったりします。

[2004/ 8/27] いじくるつくーる ver.7.27.06:「Windows XP/Server 2003の設定」(winntxp.rsc)で、「137GBを超えるHDDを利用可能にする」が正しい設定をしていなかったので修正/R-Script:Checkbox3()を用いて生成したチェックボックスをオンにしても、オフの状態の書き込みがされていたので修正。

[2004/ 8/26] ListView to CSV ver.1.01.03:正式版として公開。

[2004/ 8/22] ListView to CSV ver.1.10.02β:リストビューとして、ListView to CSVの持つリストビューを検出しないようにした/リストビューヘッダを持たないリストビューからも、文字列を正しく取得できるようにした/リストボックスとコンボボックスが、一項目に2048文字以上のバイト数を持つ場合に、その文字数の制限内で正しく文字列を取得できるようにした。

[2004/ 8/20] ListView to CSV ver.1.10.01β:ツリービュー・リストボックス・コンボボックスからの文字列の読み取りを可能とした/一覧表示の際、行数(リストビューの場合は列数も)表示するようにした。

[2004/ 8/20] すっきり!! デフラグ ver.4.52.04:正式版として公開。

[2004/ 8/20] いじくるつくーる ver.7.27.05:ツールチップ関係のライブラリ更新。

[2004/ 8/17(2)] すっきり!! デフラグ ver.4.52.03β:余計なメモリ確保を行っている部分があったので削除。
[2004/ 8/17] すっきり!! デフラグ ver.4.52.02β:Windows 95/NT4の一部のバージョンで、プロパティシートが表示されない問題があったので対処。(Comctl32.dllのバージョンがver.4.70未満の場合、ダイアログリソースの指定がDIALOGではなくDIALOGEXになっていると、プロパティシート生成時にComctl32.dllの不具合が原因でエラーとなる。また、Visual Studio .NETは、プログラマの許可無く勝手にDIALOG指定をDIALOGEX指定に書き換える。これらのため、今回の問題が起きていた)/英語版のCCPUダイアログで、Helpボタンの名称が間違えていたので修正。また、フォント指定の間違いから、英語版のCCPUダイアログが640x480の画面に入りきらなくなっていたので修正。(英語版はサポート外です)/ツールヒントの一部が長すぎて画面をはみ出すことがあったため、横幅を適度なサイズに制限するようにした。これに伴い、いくつかのコントロールについて、ツールヒントの改行を、適切な位置で行うようにした。

[2004/ 8/12] すっきり!! デフラグ ver.4.52.01β:ノーマルモードで、Windows NT系の「自動ログオン」設定ダイアログを除くすべての設定ダイアログを、プロパティシートとして1つに統合。

[2004/ 8/ 5] すっきり!! デフラグ ver.4.51.02:正式版として公開。

[2004/ 8/ 3] すっきり!! デフラグ ver.4.51.01β:Windows 2000以降でセーフモードを利用した場合に、デフォルトでネットワークに接続を維持するようにした。「ネットワークから切断する」をチェックすることで、これまで通りネットワークから切断できますが、これはドメイン参加を行わないなど、ネットワークを必須としないことがわかっている場合にのみ利用してください。

[2004/ 7/23] ListView to CSV ver.1.01.02:正式版として公開。

[2004/ 7/18] ListView to CSV ver.1.01.01β:[最新の情報に更新(R)]ボタンを設置/本ソフトウェアで環境内のリストビューを検索後、ウィンドウを閉じるなどして無効になったリストビューを指定された場合、エラーメッセージを表示するようにした/ヘルプの注意事項を追加/[クリップボードへのコピーを行う(C)]を追加。

[2004/ 7/16] すっきり!! デフラグ ver.4.50.09:共有ライブラリの更新に伴う再生成/ヘルプ文章の追加/バージョン情報に、メールアドレスとメールボタンを追加(復活)。

[2004/ 7/15] いじくるつくーる ver.7.27.04:正式版として公開。

[2004/ 7/14] ListView to CSV ver.1.00.00:正式版として公開/共有ライブラリの更新に伴う再生成。

[2004/ 7/11] いじくるつくーる ver.7.27.03β:共有ライブラリの更新に伴う再生成/(R-Script)SelectSaveFile$() と SelectFolder$() の記載がヘルプから漏れていたので追加。

[2004/ 7/11] ListView to CSV ver.0.95RC:バージョン情報ダイアログにメールソフト起動ボタンを設置/インストーラ・アンインストーラ付きバージョンを作成/各ボタンにツールチップ(マウスをしばらく置いておくと説明が表示されるもの)を追加。

[2004/ 7/ 8] いじくるつくーる ver.7.27.02β:メインウィンドウのカテゴリリストビューをツリービューに置き換えた/ドキュメントライブラリの一部を差し替え/バージョン情報に、メールアドレスとメールボタンを追加/(R-Script)コマンドライン文字列を取得する関数 GetIParam(), GetIParam$() を追加。

[2004/ 7/ 4] すっきり!! デフラグ ver.4.50.08:共有ライブラリの更新に伴う再生成。特に、環境情報の表示(CCPU)のライブラリ更新。機能フラグ説明・Intel系キャッシュフラグ説明の増加等/メールアドレスを、各テキストファイル中から削除(ウイルスメール対策のため)/ノーマルモードの「開始」ボタンのアクセラレータキーを変更(重複があったため)。

[2004/ 7/ 3] ListView to CSV ver.0.90β:バージョン情報を強化/共有ライブラリの取込。作者への質問用に、バージョン情報内に「環境情報の表示(CCPU)」を追加。

[2004/ 7/ 1] いじくるつくーる ver.7.26.05:正式版として公開。

[2004/ 6/30] 疑似アプリ落としシミュレータ ver.1.00:不遇の事故によりアプリケーションが落ちる様子をシミュレートします。

[2004/ 6/29] ListView to CSV ver.0.30β:ヘルプファイルを添付/ヘルプファイルに対応/更新履歴をヘルプファイルへ移した。

[2004/ 6/27] いじくるつくーる ver.7.26.04β:ダイアログ上部にメニューバーとして、[OK][キャンセル]等を設置した場合、編集ボックスなどに文字を1文字入れるたびに、メニューバーが激しく再描画していたので修正/利用ライブラリの更新に伴う再生成/「起動時に実行(過去のWindowsとの互換)」(bootrunini.rsc)を、Windows NT系OSでも使用可能にした/「Windows NT系」(winnt.rsc)にあるネットワーク系の設定を、「ネットワーク(LAN)」(network.rsc)へ移動/「ネットワーク(インターネット)」(networki.rsc)に、「インターネット印刷機能を無効にする」「[IE4]1つのサーバからの同時ダウンロード数(HTTP1.1/1.0)」を追加/「システムの禁止設定(個・全)」(syspol/syspol2.rsc)に、「マイ ネットワークを開いたとき、共有フォルダを検索しない」「ダイヤルアップ ネットワークのパスワードを保存しない」を追加。

[2004/ 6/27] ListView to CSV ver.0.20β:出力したいリストビューの選択に、リストビューを用いるようにした。

[2004/ 6/26] いじくるつくーる ver.7.26.03β:編集ダイアログを縦に縮め、スクロールバーが出てきたところで下の方にスクロールさせ、その状態で編集ダイアログを伸ばすと、[OK][キャンセル]ボタン等がダイアログ下から浮いてしまう状態になっていたのを修正/[OK][キャンセル]等のボタンを画面下部に表示する代わりに、画面上部にメニューバーとして、常にダイアログ上に表示できるようにした。(←「設定」メニュー→「オプション」(rnsf7.rsc)より設定できます)

[2004/ 6/24] いじくるつくーる ver.7.26.02β:環境情報の表示(CCPU)のライブラリ更新。機能フラグ説明・Intel系キャッシュフラグ説明の増加等。

[2004/ 6/21] いじくるつくーる ver.7.26.01β:レジストリを扱うライブラリの仕様変更。これまで、数値型エントリを読もうとするときに、エントリの型が数値型以外だった場合の動作は未定義だったが、バイナリかQWORDならば読めるところまで読み、各種文字列型なら、数値へ変換した上で読み込みを行うようにした。これにより、チェックボックス等で、レジストリの型が不正になっていた場合の挙動が確定した/「デスクトップ等」(desktop.rsc)に、「マイ コンピュータをダブルクリックしたらエクスプローラを開くようにする」を追加/「起動時にファイル削除・名前変更」(bootren.rsc)に「Windows起動後または現ユーザへのログオン後、Tempフォルダ(一時的なファイル置き場)の中身を消去する」を追加/「Windows XP/Server 2003の設定」(winntxp.rsc)に、「新しいスタートメニューの「ファイル名を指定して実行」の下に、次の項目を追加する」を追加/編集ダイアログで[OK]や[更新]を押したときに行われる、他のプログラムへの設定変更の通知作業を、マルチスレッドで行うようにした。これにより、[OK]や[更新]を押した後、すぐに作業を再開できるようになった。

[2004/ 6/16] ListView to CSV ver.0.11β:Windows XPの視覚スタイルに対応/Windows 95へ完全対応。

[2004/ 6/12] いじくるつくーる ver.7.25.05:共有ライブラリの更新に伴う再生成。(これに伴う実行コードの変化はありません)/一部のヘルプ文書などを追加。

[2004/ 6/12] すっきり!! デフラグ ver.4.50.07:共有ライブラリの修正。Windows 9x系でデフラグに失敗することがあった問題を解消。

[2004/ 6/10] ListView to CSV ver.0.10β:任意のリストビューの内容を、CSVファイルへ出力するプログラム。

[2004/ 6/ 9] すっきり!! デフラグ ver.4.50.06:正式版として公開/一部の表示メッセージ・ヘルプ文章・ドキュメント中の誤字を修正/コマンドライン オプション /R と /L を追加。

[2004/ 6/ 6] すっきり!! デフラグ ver.4.50.05RC:ウィザードモードの最終選択肢で、これまで選んできた内容を表示させる際、これまで選んできた選択肢の文字列の合計長が2048文字を超えることができなかったので修正/ヘルプファイル中の誤字/デフラグ・スキャンディスク設定ダイアログ中の修正。

[2004/ 6/ 5] すっきり!! デフラグ ver.4.50.04β:「さらに詳細な設定」のMMCデフラグの設定と、「デフラグ設定」のカスタマイズの設定が同時になされている場合、「デフラグ設定」のカスタマイズ側を優先するようにした。

[2004/ 6/ 2] すっきり!! デフラグ ver.4.50.03β:メニュー項目やボタンのキャプション、一部のアクセラレータキー等を修正。

[2004/ 6/ 1] すっきり!! デフラグ ver.4.50.02β:ノーマルモードの「設定」メニューに「実行開始」を追加/ノーマルモードの「ツール」メニューの、システムファイルの編集が、一部環境で動作不良を起こすようだったので修正。

[2004/ 5/31] すっきり!! デフラグ ver.4.50.01β:「トラブル解決ツール」のメッセージ等を変更/「ツール」メニューの、「システム エディタ」の起動を廃止し、システムファイルを個別に編集できるようにした(Win9x系のみ)。また、「レジストリ エディタ」を追加した/「履歴」に残るメッセージ等の若干変更。

[2004/ 5/30] すっきり!! デフラグ ver.4.50.00β:ノーマルモードの様々な機能を、ウィンドウ上部のメニューバーに移行させた。また、いくつかのツール類を追加した。(追加したツールのいくつかは、いじくるつくーるのモジュールをそのまま持ってきているだけです。まだいくつかの機能について、適合しない部分や、デバッグの完了していない部分がある点にご留意ください)/上記変更に伴うヒントバーの設置と、ヘルプ・補助テキスト文章の変更/チェックディスクの設定で、「ディスクの検査・修復はできる限り再起動前に行う」を、チェックディスクのカスタマイズを行っていないときも使えるようにした。(ここをチェックすることで、従来の方法でのチェックディスクを行うことができます)/「トラブル解決」を「トラブル解決ツール」に名称変更。「Windows起動時のディスク検査を抑止(または抑止解除)」ボタンを加えた/Windows NT系での、チェックディスクのスケジュール方法の若干変更。

[2004/ 5/26] すっきり!! デフラグ ver.4.36.04/いじくるつくーる ver.7.25.04:正式版として公開。

[2004/ 5/23](2) すっきり!! デフラグ ver.4.36.03β:開発中に、なぜかウィザードモードメニューのメニューリソース項目番号が破壊される現象が発生したので、メニューリソースに頼らない方法に切り替えた。また、ウィザードモードを選択するときに、これまでは、以前選択されていた項目と同じ項目を選択しても画面の再描画が発生していたが、発生しないようにした。

[2004/ 5/23] いじくるつくーる ver.7.25.03β:メニュー項目名の一部修正/「アニメーション設定」(anime.rsc)の一部項目が、Windows 9x系で無効になっていたので修正。

[2004/ 5/23] すっきり!! デフラグ ver.4.36.02β:「キーボードやマウスには手を触れずに、しばらくお待ちください。」のメッセージウィンドウを、マウスで移動できるようにした(移動の際、なぜか枠が表示されませんが、移動は正常に行われるようです。本現象については調査中です)/Windows NT系のチェックディスクの実行で、チェックディスク(AUTOCHK)のスケジュールの様子をログに残すようにした。

[2004/ 5/22] すっきり!! デフラグ ver.4.36.01β:Windows NT系で、チェックディスクの実行を、必ず再起動時に(AUTOCHKで)行うようにした/上記更新により、チェックディスクのログが必ずイベントとして記録されるようになったので、「履歴」のヘルプにチェックディスクのイベントログの参照方法を追加した/上記更新により、Windows NT系で「チェックディスク→再起動→…」という実行順だったものが、「再起動→チェックディスク→…」という実行順に変わったため、これに伴う様々なメッセージの変更を行った/共有ライブラリの更新。

[2004/ 5/22] いじくるつくーる ver.7.25.02β:一部のメッセージを修正/機能項目「画面のデザイン」(mcolors.rsc)を追加。

[2004/ 5/21] いじくるつくーる ver.7.25.01β:メッセージダイアログとヘルプ中の、いくつかの誤字を修正/機能項目「起動時にファイル削除・名前変更」(bootren.rsc)を追加/(R-Script)色選択ボタンとそれを生成・制御するための関数(ColorButton(), SetColorButton(), GetColorButton())を追加/(R-Script)複数行文字列を扱う関数(RegReadMultiString()、RegWriteMultiString()、iniReadSection()、iniWriteSection())を追加。また、文字列操作用関数にBeforeEq$()、AfterEq$()を追加。

[2004/ 5/ 5] すっきり!! デフラグ ver.4.35.04:正式版として公開/ヘルプ「更新履歴」の、日付とバージョンの表記を、Rnsfのヘルプと同じ形式に揃えた/共有ライブラリの更新。

[2004/ 5/ 5] いじくるつくーる ver.7.24.07:正式版として公開。

[2004/ 5/ 4] いじくるつくーる ver.7.24.06β:NEOBRASTERの裏技設定(neobras.rsc)の追加をすっかり忘れていたので追加(今日指摘を受けるまで、旧バージョンから継承するのをすっかり忘れていました)。

[2004/ 5/ 3] いじくるつくーる ver.7.24.05β:共有ライブラリの更新に伴う再生成。

[2004/ 5/ 3](2) すっきり!! デフラグ ver.4.35.03β:Windows 9xのスキャンディスクの結果で返されるエラーコード解析で、拡張仕様的なものも追加した。

[2004/ 5/ 3] すっきり!! デフラグ ver.4.35.02β:Windows 9xのスキャンディスクの結果に応じて、ノーマルモード「履歴」に残るログを変えるようにした/デフラグ・スキャンディスクを妨害することで知られるウイルス2つの存在を簡易に検出して、見つかった場合はエラーとするようにした。

[2004/ 5/ 2] すっきり!! デフラグ ver.4.35.01β:環境情報の表示(CCPU)で表示されるプロセッサ周波数の値の正確性を高めた。また、CCPUが行うディスクの調査を、ハードディスク以外に対しても行うようにした。なお、プロセッサ周波数の取得に、約1.3秒かかりますが、この間は、他のアプリケーションを動作させたり、マウスやキーボードを操作しないようにしてください / 環境情報の表示(CCPU)ダイアログにヘルプボタンを付けた。

[2004/ 5/ 2] いじくるつくーる ver.7.24.04β:環境情報の表示(CCPU)で、キーボードタイプを表示するようにした。

[2004/ 5/ 1] いじくるつくーる ver.7.24.03β:環境情報の表示(CCPU)が行うディスクの調査を、ハードディスク以外に対しても行うようにした。また、Intel系CPUで表示される「メモリキャッシュ」の調査で、語弊のある表現があったので改めた。

[2004/ 4/30] いじくるつくーる ver.7.24.02β:環境情報の表示(CCPU)で表示されるプロセッサ周波数の値の正確性を高めた。なお、プロセッサ周波数の取得に、約1.3秒かかりますが、この間は、他のアプリケーションを動作させたり、マウスやキーボードを操作しないようにしてください/Windows XP以上でしか存在しない一部の機能のレジストリエントリが、Windows XP未満のOSでも書き込まれていたので修正/[OK]ボタンを押したときの確認を行わないような設定になっていた場合、最小値を定められた数値編集ボックスで最小値未満の数字を入力し、キーボードのEnterキーを押すと、最小値未満の数値が受け入れられていたので修正。

[2004/ 4/27] すっきり!! デフラグ ver.4.34.04 / いじくるつくーる ver.7.23.05:正式版として公開。

[2004/ 4/25](3) すっきり!! デフラグ ver.4.34.03β:Win9xのGetFileVersionInfo APIのバグ(バージョン情報がある長さを超えるとページ違反を起こすらしい)により、Win9xでインストールが行えないトラブルが発生していたので、問題回避のための修正を加えた。

[2004/ 4/25](2) すっきり!! デフラグ ver.4.34.02β:実行部[Ls.exe]で、スレッドの生成を、タイマメッセージの利用に置き換えられる箇所があったので置き換えた。

[2004/ 4/25](2) いじくるつくーる ver.7.23.04β:「全サービスの起動設定」(Winntsrv.rsc)で、編集ダイアログ内で、サービス名によるソート(昇順で並べ替え)を行わない設定を追加。これを利用すると、「全サービスの起動設定」でソートが行われない代わりに、「全サービスの起動設定」ダイアログの起動が速くなります。この設定は、Windowsの動作に影響を与えるものではありません。また、本編集ダイアログは、正式版では付属しなくなる可能性があります。

[2004/ 4/25] すっきり!! デフラグ ver.4.34.01β:更新確認や実行部など、マルチスレッドを用いている部分で、スレッドの生成にCreateThread() APIを用いていることでCランタイムライブラリまわりでメモリリークやハンドルリークが起きていたので、スレッドの生成に _beginthread() 関数を利用するようにした。

[2004/ 4/25] いじくるつくーる ver.7.23.03β:更新確認機能など、マルチスレッドを利用している部分で、スレッドの生成にCreateThread()ではなく、_beginthread()を使うようにした。これにより、スレッド終了時のメモリリークが起きないようにした。

[2004/ 4/24] いじくるつくーる ver.7.23.02β:「プログラムの起動許可設定」(rstrctx.rsc)の起動許可プログラムの検索と、「右クリックメニュー」(context.rsc)の簡易比較を、途中で中断できるようにした/更新確認機能など、スレッドを利用している部分で、スレッドハンドルのクローズをしていなかったので、クローズするようにした。

[2004/ 4/23] いじくるつくーる ver.7.23.01β:「既定のプログラムの一覧を編集」のカテゴリ分類が間違っていたので修正/「プログラムの起動許可設定」(rstrctx.rsc)で、最初にチェックを入れたときに、起動許可プログラム欄が空欄だったら、自動的に、ハードディスク上のすべてのプログラム名を挿入できるようにした/「スタートボタンなどを隠す」(delstart.rsc)で、条件がそろうとSyntax errorが出力されてしまっていたバグを修正/(R-Script)dhelps$()が2つ以上連続すると、2つめ以降の太字が大きくなってしまっていたのを修正。

[2004/ 4/18] すっきり!! デフラグ ver.4.33.11:ノーマルモードの[設定のインポート][設定のエクスポート]で、ログもファイル保存すると書かれていたが、実際にはログはファイル保存はしない仕様となっているので、説明文を修正/AVGウィザードモードで、BGM指定がないときに、Ctrlキーによるスキップができなくなっていたのを修正/AVGウィザードモードでscreenサイズを指定した後、screenサイズを指定しないウィザードモードに切り替えると、画面サイズが変わったままになっていたのを修正。

[2004/ 4/11] すっきり!! デフラグ ver.4.33.09:「設定のインポート」と「設定のエクスポート」のツールチップ(マウスを置いておくと表示されるテキスト)が逆になっていたのを修正。

[2004/ 4/10] すっきり!! デフラグ ver.4.33.08:INASOFT Webサイト移転に伴う変更。

[2004/ 4/10] いじくるつくーる ver.7.22.07:「ネットワーク(LAN)」(network.rsc)で、起動時に警告エラーが出ていたことがあったので修正/INASOFT Webサイト移転に伴う変更。

[2004/ 4/ 5] すっきり!! デフラグ ver.4.33.07:正式版として公開/ヘルプの不具合報告に、現在報告されている未解決の問題を追加。

[2004/ 4/ 5] いじくるつくーる ver.7.22.07:正式版として公開。

[2004/ 4/ 4] すっきり!! デフラグ ver.4.33.06β:Win9x系で「常駐タスクを排除してからシェル起動前に実行」が排除できるコマンドラインの長さが2048バイトまでだった上限を撤廃/サポートのメールアドレスを変更/ノーマルモードの履歴が残す件数を256件に増やした/すっきり実行準備中にバッファオーバーフローを起こす可能性のある箇所があったので修正。

[2004/ 4/ 3] いじくるつくーる ver.7.22.06β:スクリプトの開始時等に、文法エラー等が原因でスクリプトが異常終了した場合に、ダイアログのサイズが小さい状態で保存されてしまっていたのを修正/ifやwhile,loop等の後にforがあると、処理内容がおかしくなっていたのを修正。/※winntsrv.rscを再び添付しています。

[2004/ 4/ 2] いじくるつくーる ver.7.22.05:正式版として公開/試験的に添付していたwinntsrv.rscを削除(β版を導入している等で、元からwinntsrv.rscが存在している場合は、継続して利用できます)。

[2004/ 3/29] すっきり!! デフラグ ver.4.33.03:正式版として公開/ウィザードモードの一番最初のページに、小さいヒントを表示するようにした。また、ウィザードモードに関するヘルプを充実させた。

[2004/ 3/28] いじくるつくーる ver.7.22.04β:機能項目の一覧で、機能項目を右クリックしたときにでてくる「プロパティ」の足りなかった機能分を追加/ヘルプ中の一部の誤字を修正。

[2004/ 3/27](2) いじくるつくーる ver.7.22.03β:「システムの復元インターバル」(winntrst,rsc)で、アクセラレータ文字の1つが重なっていたことと、編集するキーが間違っていたので修正。再起動が必要らしいものについては*印を付けた/「全サービスの起動設定」(winntsrv.rsc)を試験的に追加/機能項目の一覧で、機能項目を右クリックしたときに「プロパティ」を追加。

[2004/ 3/27] いじくるつくーる ver.7.22.02β:R-Scriptの命令にFORを追加/スクリプトのいくつかをFORを用いたものに変更/R-Scriptの関数にReplace$()を追加/R-Scriptで、最初の行からwhileを置くとエラーとなっていたのを修正/試験的に「システムの復元インターバル」(winntrst,rsc)を追加。

[2004/ 3/23] すっきり!! デフラグ ver.4.33.02β:ノーマルモードの「設定のエクスポート」で、履歴をエクスポートしないようにした。

[2004/ 3/23] いじくるつくーる ver.7.21.05:ソース表示に用いているフォントが、Windows 95/98等ではギザギザになってしまうようなので、ソース表示にMS ゴシックを使用するように戻した/環境情報の表示(CCPU)で、機能フラグの判明分を増やした/右クリックメニューの拡張(Context.rsc)で、チェックをオン/オフしないとメニュー項目名の編集結果が反映されないバグを修正。

[2004/ 3/ 9] すっきり!! デフラグ ver.4.32.04:ノーマルモードの「デフラグ設定」と「スキャンディスク設定」で表示されるヘルプが誤っていたので修正。

[2004/ 3/ 7] いじくるつくーる ver.7.21.04:簡易圧縮ダイアログで、1度圧縮機能を利用してダイアログが開きっぱなしの時は、「キャンセル」ボタンを「閉じる」ボタンに変えるようにした/fread(),fwrite(),fappend()のファイルオープンモード(テキスト or バイナリ)を決める関数FModeBinary()を追加/ヘルプ中のSetWindowTitle()/SetDialogTitle()の記述と更新履歴の記述に誤りがあったので修正。

[2004/ 3/ 1] いじくるつくーる ver.7.21.03/すっきり!! デフラグ ver.4.32.03:正式版として公開。

[2004/ 2/28] いじくるつくーる ver.7.21.02β:文字列編集ボックス/複数行編集ボックスへのエクスプローラ等からのファイルのドラッグ&ドロップができないものがあったため、修正/R-Script:KeyList(), CreateListView()で作られたリストビューのカラムが2つの場合、「新規」「編集」を押したときに出てくるダイアログで、参照ボタン(絵のボタン)を押すとエラーとなっていたのを修正/左記の修正に伴い、1度だけ起動時に実行[RunOnceEx](bootrun2ex.rsc)でエラーとなっていたのを修正。

[2004/ 2/26] すっきり!! デフラグ ver.4.32.02β:デフラグ・スキャンディスクのコマンドライン指定で、%sの部分に余計なスペースが入っていたので入らないようにした/スキャンディスクのコマンドライン設定で、再起動前後のどちらに実行したいかを選べるようにした。

[2004/ 2/23] いじくるつくーる ver.7.21.01β:文字列編集ボックス/複数行編集ボックスへのエクスプローラ等からのファイルのドラッグ&ドロップに対応した(文字列編集ボックスへ正確にドロップしてください。ダイアログへのドロップとみなされた場合、ダイアログの状態読み込みを意図したとみなされます)。

[2004/ 2/23] すっきり!! デフラグ ver.4.32.01β:「詳細設定」から「デフラグ設定」と「スキャンディスク/チェックディスク設定」を分離/「デフラグ設定」と「スキャンディスク/チェックディスク設定」で、デフラグとスキャンディスク/チェックディスクで実行するコマンドラインを指定できるようにした/ノーマルモードの「すっきり実行の前後に実行するコマンドを指定する」の全項目を「実行前後」へ移行/「実行前後」へ、すっきり実行前(再起動後)に実行したいコマンドを指定できるようにした。

[2004/ 2/14] いじくるつくーる ver.7.20.12:Windows 9xでナビゲータを開いていると、リソース不足になってしまうことがあった不具合を修正/各機能項目のヘルプの太字部分のいくつかに色を付けた。

[2004/ 2/13] いじくるつくーる ver.7.20.11:正式版として公開。

[2004/ 2/11](2) いじくるつくーる ver.7.20.10β:「インターネット経由で更新確認」をして、ステータスバーに結果が表示されても、マウスを動かしたときに結果が消えてしまっていたのを修正。

[2004/ 2/11] いじくるつくーる ver.7.20.09β:ナビゲータのクリッカブルテキストの上にマウスが置いてあるときに、ステータスバーに説明を表示するようにした/winxplayer.dllが、無駄に多くのライブラリにリンクしていたので、無駄なリンクを切ってリビルドした。

[2004/ 2/ 8] いじくるつくーる ver.7.20.08β:カテゴリ項目が1つもない状態で本ソフトウェアを終了すると、エラーとなっていたのを修正/メインウィンドウのソース表示で利用されるフォントを Terminalへ変更/(R-Script)文字列入力用ダイアログを表示する関数Input$()/InputPassword$()を追加/(R-Script)編集ボックスの右に、「デフォルト」として指定した値に戻すためのボタンを設置するための機能(フラグEDIT_DEFAULT)を追加。

[2004/ 2/ 7] いじくるつくーる ver.7.20.07:ナビゲータの表示エンジンを再改良/正式版として公開。

[2004/ 2/ 7] すっきり!! デフラグ ver.4.31.03:正式版として公開。

[2004/ 2/ 6] いじくるつくーる ver.7.20.05β:ナビゲータの表示エンジンを改良。

[2004/ 2/ 3](2) いじくるつくーる ver.7.20.04β:ナビゲータで、NAVIGATOR_LINK_Yを0xffffffffにしてもクリッカブルテキストが消えなかったことがあったので修正。また、NAVIGATOR_LINK_1$等を操作することで、クリッカブルテキストの内容を変更できるようにした。

[2004/ 2/ 3] いじくるつくーる ver.7.20.03β:コンボボックスで一番上の選択肢が初期の選択肢になっていたとき、「戻す」ボタンの効果が聞かなくなっていたので修正/「プログラムの起動許可設定」(rstrct/2.rsc)で、1つのプログラムも起動許可されないまま設定を書き込もうとした場合に、警告メッセージを出すようにした/ナビゲータに、ボタンではなく、クリック可能なテキストを表示するようにした。

[2004/ 2/ 2] いじくるつくーる ver.7.20.02β:R-Scriptのエラー後処理部分で、状況によっては、同一のポインタを2回以上メモリ解放していたことがあったので修正/デフォルトのナビゲータに「開く」ボタンを付けた/右クリックメニュー(context.rsc)のファイルの簡易圧縮機能で、圧縮ファイル名が指定されずにファイルのドラッグ&ドロップが行われた場合は、ドロップされた最初のファイルで圧縮ファイル名を作るようにした。

[2004/ 1/31] すっきり!! デフラグ ver.4.31.02β:「自動ログオン」できるユーザー名は、すっきり!! デフラグ起動時のユーザー名に固定されているが、この固定されたユーザー名が正しく表示されないことがあるようなので、直接入力して補正できるようにした。

[2004/ 1/27] すっきり!! デフラグ ver.4.31.01β:AVG版ウィザードモードのText=部分を、他ファイルに分離して記述できるようにした。また、ウィンドウサイズを指定できるようにした([main]のScreen=x,y)。
[2004/ 1/27] いじくるつくーる ver.7.20.01β: 「既定のプログラムの一覧を編集」(defclent.rsc)で、"一覧に表示するか(1:表示 0:非表示)"は、外部から設定すべきものではなかったため、削除/編集ダイアログの縦サイズを可変にした/メインウィンドウにナビゲータを復活させた(ウィンドウ左側のみ。旧バージョン(ini)との互換性はありません)/(R-Script)checkbox_bin()で生成したチェックボックスの挙動が、仕様と異なるものになっていたことがあったので修正/上記関数のヘルプでの記述で、意味の通らない箇所があったので修正/R-Script:ワイルドカードを用いてファイル名・フォルダ名の一覧を取得する関数SearchFiles()/SearchDirectorys()を追加。
[2004/ 1/20] すっきり!! デフラグ ver.4.30.11:ヘルプ中に誤った記載があったので修正/「トラブル解決」によるAutoexec.batの修正方法を改良。

[2004/ 1/20] いじくるつくーる ver.7.13.11:Windows XP/Server 2003の設定(winntxp.rsc)で、規約違反のスクリプトがあり、[OK]を押したときに警告メッセージが出ていたのを修正/編集ダイアログにアイコンがつくようにした。

[2004/ 1/17] すっきり!! デフラグ ver.4.30.11:暫定版として公開/プロバイダのWebサーバの構成変更に伴い、更新確認機能を修正/Windows 95系のDOSスキャンディスクで、Autoexec.batの編集方法を改良。

[2004/ 1/17] いじくるつくーる ver.7.13.10:暫定版として公開/「規定のプログラムの一覧を編集」(defclent.rsc)を追加/左記変更に伴い、Windows XPのスタートメニューに表示されるブラウザ選択機能を削除/R-Script:Windows NT系でもレジストリキーをサブキーごと削除できるRegDeleteSubKeys()を追加/「Windows NT系設定」(winnt.rsc)で、「DLLを検索するときにSystem32フォルダを優先する」の設定値がONとOFFで逆になっていたので修正/プロバイダのWebサーバの構成変更に伴い、更新確認機能の方法を修正。

[2004/ 1/10] すっきり!! デフラグ ver.4.30.09:「ノーマルモード」の「履歴」で、詳細履歴を残す機能にバグがあったため、暫定対策版を公開/ヘルプ中の誤字とミスリンクを修正。

[2004/ 1/ 4] すっきり!! デフラグ ver.4.30.08/いじくるつくーる ver.7.13.08:正式版として公開。


ソフトウェアの更新履歴2003(さらに過去)

/トップ/ソフトウェアの更新履歴(最新)/2015/2014/2013/2012/2011/2010/2009/2008/2007/2006/2005/2004/2003/2002/2001/更新履歴20世紀