Written in Japanese(UTF-8)
2005. 6.19
INASOFT
/トップ/ユーティリティとゲーム/F1ブレイカー/ダウンロード

■F1ブレイカーのダウンロード

※本ソフトは2005年以降開発が継続しておらず、実質的に開発・メンテナンスは終了しています。今後、不具合や脆弱性の有無に関わらず、このソフトウェアが更新される予定はありません。 F1ブレイカー スクリーンショット

★★ 当サイトでは、初心者への優遇を行っておりません ★★

詳細は当サイトにおける初心者の取り扱いについてをご覧下さい。

■正式版のダウンロード




※本ソフトは2005年以降開発が継続しておらず、実質的に開発・メンテナンスは終了しています。今後、不具合や脆弱性の有無に関わらず、このソフトウェアが更新される予定はありません。

最新の正式版です。通常のご利用や転載・雑誌収録等は、このバージョンをご利用ください。

公開日:2005/ 6/19
バージョン:ver.1.21
更新点最近の更新点参照
対応OS:Windows 95/98/Me/NT 4.0/2000/XP/Server 2003
必要なランタイム:とくになし

●通常圧縮版(LZH形式)
ファイルサイズ:113,297 バイト
MD5:ab4141647adc830b0d29596fd3e449df

ダウンロード元を次の中からお選びください。基本的に、どこからダウンロードしても同じものが入手できます。
Norton, Avira, ウイルスバスター, F-Secure 併用時に発生したトラブルについては、各メーカーへお問い合わせください。こちらへの問合せ・連絡(報告を含む)は絶対に行わないでください。ブラウザにおけるダウンロード警告についても同様です。念のための報告もご遠慮下さい。報告した場合、該当ソフトウエアの利用禁止あるいは転載禁止とします。

■最近の更新

[2005/ 6/19] 1.21 (Windows NT 4.0でPSAPI.DLLが使用される際、PSAPI.DLLを呼び出すF1BREAK.DLLはあらゆるプロセスから実行される可能性があり、カレントフォルダの位置もプロセスごとに変化する。そのため、PSAPI.DLLがF1BERAK.EXEと同じフォルダにあった場合に、PSAPI.DLLが探せなくなることがあった。そこで、PSAPI.DLLがF1BERAK.EXEと同じフォルダにあった場合は、PSAPI.DLLの位置をフルパスで指定するようにした)

[2005/ 6/13] 1.20 PSAPI.DLLは、Windows NT 4.0用です。Windows NT 4.0以外のOSでは、削除しても構いません。Windows NT 4.0では、ドキュメントには「C:\Winnt\System32下に移動しても構わない」という旨の記述がありますが、ver.1.20では、必ずSystem32下に移動するようにしてください。次期バージョンでは、ドキュメントの記述に合わせた作りになおします。

[2005/ 6/ 3] 1.00 ※これより前の更新点については、ヘルプの「更新履歴」を参照してください。


■開発途上版(α版・β版等)のダウンロード


現在公開中のα版/β版はありません。

/トップ/ユーティリティとゲーム/F1ブレイカー/ダウンロード